Q&A

1. 例会について

Q. 人前で話すのがとても緊張するのですが、本当に参加できるのでしょうか?
A. はい、もちろんです! トーストマスターズクラブの大きな特徴は、「お互いが助け合い、スピーチを楽しく学ぶ」ということです。例えば、それぞれのスピーチに対して行われるフィードバックは、「どこが悪かったか」ではなく、「どこが良かったか、そしてそのスピーチを更に良くするためにはどうすればいいと思うか」という視点で行われます。 そうすることで、最初は自信がない方でも徐々に自信を持ってスピーチをすることができるようになります。

Q. スピーチのプロに教えていただけるのでしょうか?
A. 当クラブには先生がいません。セミナーや英会話教室とは違い、先生・生徒という関係で教えてもらう場所ではありません。 様々なスピーチのレベル、年齢、職業の人が、お互いにスピーチのフィードバックを行うことで、お互いが学ぶ場です。プロに手取り足取り教えてもらえるわけではありませんが、逆に言えば、色々なバッククラウンドの人から様々な視点で自分のスピーチへの意見をもらうことができます。
参加者のスピーチのレベルは様々で、スピーチのプロの集まりというわけではありません。スピーチ初心者の方もいれば、長く続けている方を中心に、非常に上手なメンバーも多くおります。日本のトーストマスターズ会員の中には、トーストマスターズ以外のスピーチやディベートのコンテストでも優勝・入賞する方もいますし、プロのスピーカーが、さらなるスキルアップのために入会する例もあります。
また、入会すると、「メンター」という、経験あるメンバーが必ず一人つきます。 メンターは先生ではなく、あくまで新しいメンバーに経験ある立場としてアドバイスをする立場ですが、スピーチの原稿を事前に読んでもらったりすることもできますので、きっとスピーチ力上達の一助になることでしょう。

Q. ネイティブスピーカーはいますか?
A. 設立メンバーは全員日本人です。但し、今後外国人のメンバーが入会する可能性もあります。
なお、トーストマスターズにおいては「英語は手段」です。もちろん、ネイティブの英語を聞くのは大いに参考になりますが、いわゆる「ネイティブ重視」「ネイティブが先生」といった主旨のクラブではないことをご理解いただければ幸いです。これは、外国人にとっての日本語も同じことが言えます。

Q. 普段の仕事や生活で、大勢の前で話す機会自体がそもそもありません。それでも参加するメリットはありますか?
A. はい、あります!
まず、スピーチだけではなくコミュニケーション全般の能力が身につきます。 例えば、「会議で発言する時に論理立てて話せるようになった」「電話応対するときに相手の立場に立った話し方ができるようになった」といった声も会員からはよく聞かれます。 これは、言語を問わず応用できます。また、家族や友達と会話するときにも分かりやすく、 簡潔な話し方ができるようになります。さらに、スピーチを組み立てることで、話すだけではなく、ロジカルに考える力も身につきます。
また、例会やイベントの運営に参加し、チームをまとめる経験をすることでリーダーシップ力を身につけることもできます。そして、例会後には毎回任意参加の懇親会を行いますので、職場・年齢などを超えて人と知り合う良いきっかけにもなります。

Q. 例会の見学には何を持っていけば良いのでしょうか?
A. 筆記用具をお持ち願います。それ以外は特に初回の見学で必要なものはありません。

Q. 見学の時に、人前で話す機会はありますか?
A. 例会の最後に、簡単な例会についてのコメントをいただいております。

Q. 友達と一緒に見学に行ってもよろしいでしょうか?
A. はい、一同大歓迎です!

Q. 写真がたくさんホームページに載っていますが、ゲスト参加すると掲載されてしまうのでしょうか?
A. ゲスト・会員にかかわらず、写真掲載は任意です。アップでの写真が載ることはまずありませんが、グループ写真を含めて掲載不可という方は、その旨を一言撮影者におっしゃっていただければ、顔が写らないようにさせていただきます。広報担当が撮影している写真は、本人の了承がない限り、役員やお互いによく知っているメンバーが正面に、ゲストは後ろ姿のみの構図となるように配慮しています。 但し、逆に申し上げれば後ろ姿が小さく写る可能性はありますので、その点はご容赦願います。

Q. 毎回の例会が終わった後は?
A. 例会の後は任意参加で近くのお店で懇親会などを行うこともあります。もちろん、ゲストの皆さまにもご参加いただけます。例会を離れたインフォーマルな交流を通して、トーストマスターズについてより知っていただく機会としてもご好評いただいております。途中退出の方も歓迎です。
但し、参加は全くの任意です。他に予定がある方や、そのような機会があまり好きではない方は無理にご参加いただく必要はありませんし、懇親会に行かれないメンバーやゲストの方にも例会を楽しんでいただいております。

Q. 参加時に気をつける点はありますか?
A. 当クラブは非営利教育団体ですので、物品の販売やビジネス・宗教などの勧誘、個人情報を集める目的でのご参加はご遠慮いただいております。

また、当クラブの教育プログラムの著作権は、非営利法人トーストマスターズ・インターナショナルに所属しております。そのため、当クラブで使われているプログラムを、営利ビジネスなどトーストマスターズとは関係のない場所に転用することは一切禁止されています。

2. 入会について

Q. 入会の際、費用はかかりますか?
A. ご入会の際には、入会金4,000円(教材費込み)、及び会費月1,000円(半年一括払い)をいただいております。
これらの費用は、会場費や備品購入など、クラブの運営に必要な実費にのみ使われます。

Q. 入会試験はありますか? 話し方や英語がある程度うまくないと入会できないのでしょうか。
A.  トーストマスターズクラブは一部の上級クラブや特殊なクラブを除いて、能力で入会の可否を決定するようなことはありません。サザンビーチトーストマスターズクラブはコミュニケーションやリーダーシップの能力を高めたい」という意思のある方で18歳以上でしたら、スキル、職業などに関わらず、どなたでもご入会できます。基本的に日本語の役割のみで、英語は聞いているのみ、という形での参加も可能です。但し、ビジネスの宣伝目的、宗教などの勧誘目的などでの入会者を防ぐため、事前にその点を運営委員(役員)より確認させていただいております。

Q. 入会した場合、どのような内容のスピーチをすればよろしいのでしょうか?
A. 会員になって初めてのスピーチは、自己紹介のスピーチ(アイスブレーカーと呼びます)で、4分~6分ですることになっております。 しかしその後は、トピックは基本的に自由で、時間は通常5分~7分です。
当クラブでは、トーストマスターズ国際標準のスピーチマニュアルを使っております。マニュアルには10のプロジェクトがあり、それぞれ「スピーチを構成立てる」「ジェスチャーを使って話す」などの目的があります。それぞれのプロジェクト目的に沿ったスピーチなら、どのような内容でもお話いただけます。

Q. 入会したら、必ず毎回参加しなくてはいけないのでしょうか?仕事や家族の行事などで、来られないときもあるのですが・・・
A. 毎回参加できなくても大丈夫です。お仕事、ご家庭などの都合で2,3回に1度くらいの頻度で参加する方もいらっしゃいます。むしろ、多忙な方はたとえ1ヶ月に1度でも、継続的に参加を続けていくことで、短期集中の参加よりも着実にコミュニケーション力の上達が期待できます。

Q. トーストマスターズをやりたいのですが、どうしても土曜の朝は都合がつきません。
Q. 活動に興味がありますが、茅ヶ崎は通うには遠いです。
Q. できれば日本語だけ(あるいは英語だけ)でスピーチしたいです。
A. トーストマスターズクラブは当クラブに限らず、一人ひとりのご都合やご興味に合わせてほかのクラブをお選びいただくこともできます。このサイトの「リンク集」ページより、各地のクラブのHPをご覧になれますので、最適なクラブを探してみてはいかがでしょうか?

3. トーストマスターズ全般について

Q. スピーチ教室やセミナーに比べて、かなり会費が安いように思うのですが、何か特別な理由があるのですか?
A. 当クラブは非営利団体です。備品、会場費など、全ての会費は必要最低限のクラブ運営費に回されます。プロに教えてもらえるわけではありませんので、講師への謝礼は必要なく、クラブの運営自体も会員による自主運営です。

Q. 会費以外に、費用はかかりますか?
A. 例会の後の懇親会やイベントに参加する場合、および追加で教材を購入する場合は、数百円から数千円の範囲で実費が発生します。但しトーストマスターズは非営利団体で、会員の皆さま一人一人の自主性を最大限に尊重しておりますので、無理な教材購入、イベントへの強制参加等は一切ありません。 もちろん、懇親会の参加も任意です。

Q. 英語を教えてもらえますか?
A. トーストマスターズでは英語を教えておりません。 コミュニケーションとリーダーシップを学ぶ場として国際的に共通の目的のもと運営されています。

Q. 匿名・ハンドルネームで参加できますか?
A. 本名での参加をお願いしております。トーストマスターズはオフ会ではありません。会費など金銭に関わることや、教育団体としての質の維持、トラブル防止などの観点から、ニックネームでのご参加はご遠慮いただいております。

Q. 宗教団体・政治団体や各種セミナー等と関係がありますか?
A. 当クラブは、宗教団体、政治団体、営利のセミナー団体等、一切関係がありません。

Q. クラブに代表電話はないのでしょうか?
A. トーストマスターズクラブは最低限の会費、ボランティアの会員によって運営されています。また、事務所があるわけではなく民間の会議室で例会を開催しておりますので、コスト面・環境面から代表電話は難しいという状況をご了承いただければ幸いです。

4. 英語のスピーチについて

Q.どれくらいの英語力が必要になるのでしょうか?
A.特に基準があるわけではありませんが、英語で自己紹介できる程度の英語力があれば、きっと例会をお楽しみいただけるかと思います。サザンビーチトーストマスターズクラブでは、英語を学ぶことよりも、英語でコミュニケーションを取ることに重点を置いております。 細かい文法や発音よりも、「いかに英語で自分の考えを伝えるか」ということに力を入れておりますので、英語力が心配な方も、どうぞお気軽にご参加ください

Q.英語を教えてもらえるのでしょうか?
A.細かい文法や発音を一から教えるということは行っておりません。これは、トーストマスターズクラブの目的が英会話教室のように英語を学ぶことではなく、「(言語を問わず)よりよいコミュニケーター及びリーダーになる」ということだからです。また、トーストマスターズクラブには先生がいませんので、会員同士でのフィードバックで、自主的にお互いに教えあうのが大原則です。ただし、英語のセッションでも「文法係(grammarian)」という役割の人が毎回います。先生ではありませんが、文法的に不自然な表現、誤った発音があればチェックしてくれます。また、ネイティブを含め、英語のできる会員がスピーチに対してフィードバックを行いますので、英語のスピーチが当たったときに、フィードバックを行う人(speech evaluator)に、英語の表現を特に見てもらうようにお願いすることもできます。いずれにしても、トーストマスターズクラブで上達しようとしているのは、英語力そのものではなく、英語「で」のコミュニケーション力です。 逆に言えば、「トーストマスターズクラブでのスピーチ」という、英語を話す機会をきっかけに、英語を自主的に勉強することで、英語力を伸ばしていくという活用法もある、というわけです。

Q.英語に自信がないので、日本語だけスピーチをさせていただきたいのですが・・・
A.最初のうちは日本語のスピーチだけ、という参加の仕方でも構いません。
ただし、サザンビーチトーストマスターズクラブはバイリンガル(日英)クラブですので、やがてトーストマスターズクラブで話すこと、英語を聞くことへの自信がついてくれば、いずれは英語でも役を取っていただくようお願いする可能性があります。トーストマスターズは自分のペースで学べます。 英語のスピーチも、はじめは1分間くらいの決まった説明をする小さな役割から、徐々に自分で原稿から作る長いスピーチに慣れていくようにすれば、自然と自信も持て、同時に英語力の向上にもつながることでしょう。なお、どうしても英語を聞くのも話すのもちょっと・・・という方には、日本語のみのクラブもあります。ページ左の「リンク集」より、クラブの一覧をご覧になれます。

5. その他の質問

Q. 他にもたくさんのトーストマスターズクラブがあるようですが、どのような関係なのでしょうか?
A. 全国には、首都圏を中心に2012年秋現在で120以上のトーストマスターズクラブがあります。それぞれ、異なるメンバーによって運営され、様々な時間、場所で例会が開催されています。
各トーストマスターズクラブのプログラムは、基本的には同じです。つまり、準備スピーチと論評、テーブルトピックスが例会で行われ、共通のマニュアルを使っています。ただし、使用言語(英語、日英、日本語)、雰囲気などはクラブによって異なり、独自の役割やイベントがあるクラブもあります。トーストマスターズは自分が続けられる環境で始めるのが一番です。ご都合(時間帯、曜日、場所)に合ったクラブを見学してみて、雰囲気が合うクラブに入られることをお勧めします。なお、一度どこかのクラブに入った後は、他のほとんどのクラブの例会にも原則自由にゲストとして参加できます。 基本的に、役割はそのクラブの会員が優先ですが、人数の少ないクラブではゲスト参加した他のクラブの会員にも役が回ってきたり、テーブルトピックス(即興スピーチ)が当たったりすることもあります。 また、複数のクラブが集まって、合同例会やコンテストを開くこともあります。 一人が複数のクラブに所属することも可能です。つまりトーストマスターズでは、一つのクラブに入ると自分の参加意欲次第でスピーチの機会も、人の輪も限りなく広がっていきます!

Q. サザンビーチトーストマスターズクラブのような、新しいクラブのメリットは?
A. サザンビーチトーストマスターズクラブを含め、新しいクラブはまだ人数がそれほど多くないため、たくさんスピーチなどの役割をする機会が回ってきます。 具体的には、1ヶ月に一度長いスピーチをすることも可能です。(30人以上いるクラブでは、年に数回しか長いスピーチが回ってこないことも多くあります) もちろん、もっとゆっくりスピーチしたい方は、ご自分のペースで参加していただくこともできます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中