第149回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(1/21/2017)

~日本語セッション~
1/21日市民ギャラリー3階会議室にてサザンビーチトーストマスターズクラブ第149回目の例会が開催されましたので、レポートします。
Y会長からの、開始挨拶がありました。
少々体調が….とのお話からでしたが、雰囲気を和ませてくれるスタートの挨拶をして頂きました。
次に  ゲストの紹介がありました。小田原から女性Tさんと男性Tさんですが来場され紹介がありました。
そして、TMOM(司会進行)Tさんが、暖かく優しい雰囲気を作りながら進行して下さいました。
今日の言葉は、Mさんによる
(胸)が弾む:震える:が熱くなる:が詰まるのお題をでした。
日本では、同じ内容で心と使ったりします。英語では、ハートと使いますが
今回はあえて胸と使ったお題でした。
役割紹介です。
計時係のSさん、文法係のMさん、えーとカウンターのYさん、集計係のOさん、例会レポーターのKが簡単に
内容を伝えて、役割を担当して下さいました。
準備にスピーチに入りました。
スピーチ#1タイトル[イギリス英語のAB]
をHさんが、今年の目標の話から始まり
イギリス英語が大好きで……から始まり
英語とイギリス英語のアクセントの違いの紹介を
とても分かりやすく丁寧に解説して下さいました。
スピーチ#2タイトル[男塾]を去年入賞されたNさんが、男子高の頃の楽しい仲間達との触れ合いと友情と笑いと実演を絡ませたスピーチでした。
次は、テーブルトピックスです。
1寒さ対策について…….Hさん
2福袋を買って良かった物:買わなくて良かったもの…….Tさん女性
3トランプさんが、上司だったら?
……..N井さん
4注目しているスポーツ……Nさん
即興スピーチを時間内に収めて素晴らしいスピーチを披露してくださいました。
そして、論評です。
スピーチ#1[イギリス英語AB]のHさんのスピーチについて…….T部さんが、的確に細かい部分まで
アドバイスや、激励がありました。
スピーチ#2[男塾]NさんのスピーチをゲストのT男性が論評して下さり、とても評価が高く、そして更に男塾がより良く
なるためのアドバイスも頂けました。
総合論評Oさんの論評をもって
時間通りの進行で、日本語の部は終了しました。

~English session~
TMOM was performed by TM TT as well as the Japanese session. TM TA took the role of Word of the Day and she chose “amazing”, showing positive and praise meaning. So it was easier word for us to use.

 

In the prepared speech, TM SN gave a speech about histories of DNA research. It was scientific and specific. Probably it may have been a bit difficult for him to make his speech more understandably for other members.

 

In the table topic session, the master was TM. YS She prepared four different topics. All of them were interesting. 1) At your son’s sport meeting in school, he told you that I am chicken and I can’t run. As his parent how you can encourage him? 2) You are correcting stamp cards for shopping. How do you use them? 3) You were allowed to take one day off. How do you spend that day? 4) What is your most favorite food?

 

In the evaluation session, TM CT served as the general evaluator. TM SY evaluated TM SN’s speech. He raised two good points of his speech and one point for improvement. He pointed, in the last slide, the letters were too small to read for us and if he would have used bigger fonts with showing only a few key words but not long sentences, he could have given more impact in conclusion.

TM SY closed his evaluation by encouraging TM SN, so his way of evaluation was amazing.

In the general evaluation, TM CT mentioned the overall impression about the meeting and gave meaningful and constructive suggestions to improve the meeting quality.

第148回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(1/7/2017)

~English session~
We started English session with Word of the day “be prepared” from ™ Y. I think this word is easy to speak. Actually I use the word before I knew it, since we usually have “prepared” speech session.
 ™ T, 1st speaker in English session, he illustrated bread machine for family user. He regretted “If I had presented my bread, I could improve my speech.”
I have the same opinion as you do. It was really delicious bread.
Om, 2nd speaker in English session, started from riding on a motorbike.“It’s gonna happen.” we were attracted by him at the beginning.
 Table topics session led by N. I am sorry to inform you that I was so busy because I was unexpectedly called on for General Evaluator, not to excuse for myself, so I was not able to get hear the theme and topics.
And also in evaluation session, all I could come up with was to learn my part line by line. T evaluate for first speaker.
Y evaluated for second speaker
I am really sorry for you both.
And I mixed up the order. I thought we were going to general evaluating first.
A meeting requires a balance between talking and listening, I lost that balance.
Anyways I managed to get out the meeting for the first time in a while.

~日本語セッション~
年始最初の準備スピーチはトーストマスターに入り最初のスピーチCC1をTM Kさんが自己紹介として披露してくれました。
本人の人柄が非常によくわかるスピーチ。全く苦手を感じさせず、皆さんも感心しておりました。
その甲斐もあり今日の準備スピーチに選ばれました。
次回も頑張っていただきたいですね。
テーブルトピックでは準レギュラーになりつつあるTM Oさんがショウガパウダーについて披露され今日のテーブルトピック賞を勝ち取りました。
論評セッションではTM MさんがKさんの準備スピーチに対して非常にわかりやすく良かった点、改善点を披露され、かつ今後を期待させてくれる論評をしていただき賞を勝ち取られました。

今年も新しいメンバーを迎えさらに楽しくなりそうです!!

第147回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(12/17/2016)

~日本語セッション~
サザンビーチトーストマスターズの
147回例会はいつもより30分早く9:30に開始されました。なぜって、今日の午後は神奈川県新人戦が行われるのです。

三島クラブからの3名の美しいゲストを迎えY会長の開会宣言の声も上ずりがち。今日は引き続きYさんが総合司会を務めます。今日の言葉は「振り返り」一年を締めくくるのにふさわしい言葉をHさんが紹介してくれました。

役割紹介の後早速今日の準備スピーチ。日本語は1本だけです。Nさんが新人戦の最終リハーサルスピーチを披露してくれました。タイトルは「男塾」。Nさんらしい勢いの源と、それを支えてくれた仲間の大切さを感じさせるスピーチとなりました。

即興力を鍛えるテーブルトピックセッションでは、Tさんが「接続詞トランプ(カタルタ)」という秘密兵器を投入。スピーチの合間に「そういう訳で」「だからと言って」「おまけに」「偶然にも」などの接続詞の書かれたカードを選ばせ、自由自在に操るマジシャンのようにスピーカーを翻弄しました。1日があと何時間欲しいか、2時間減ったらどうするか、本日の新人戦の抱負などのお題も楽しめました。

論評セッションの進行はTさん。Nさんへの論評はSさん。昨年当クラブの代表として新人戦に出場した経験を踏まえNさんへの暖かいアドバイスを贈られました。文法報告では『晒け出す』『支え』などピリリと心に残る表現をSさんがきちんと拾い上げられていました。

なお、本日の新人戦でNさんは見事3位入賞。最終リハが効いたのは間違いないですね。おめでとうございます。

~English Session~
Held a regular meeting with many active members including guests.

I joined it for the first time in 3 or 4 months and found each speaker tried to make a gesture to express their own episode and evaluation more proactive than before.

As Word of the day, some kinds of English sentence such as “I’m rooting for you” given by TM S.

In prepared speech, three speakers, TM Y.S, TM R.S and TM N made a presentation about past funny and weird expriences.

 

第145回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(11/19/2016)

第145回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(前半:日本語)

10時に定刻通りスタートしました。今日は日本語セッションからスタートです。まずY戸会長の挨拶からです。

ゲストはサザンビーチTMC元会員で現関西在住のN瀬さんといつも応援に駆けつけてくれる目黒TMCのO原さん。天気の悪い中、お二人のゲストと会員の皆さんへの感謝の言葉がありました。

次に、ビジネスセッション。エリア57ディレクターより、1週間前の広島秋季大会において、当クラブが昨年度セレクトディスティンギシュトクラブに導いた前会長のA部さんが表彰されたことの報告と、賞状の授与が行われました。

続いて、本日はK木さんの入会式が行われました。落ち着いた雰囲気をもつ素敵な新会員です。メンターはN村さんと発表がありました。

いよいよ教育セッションの始まりです。

TMOM(今朝のトーストマスター)はM本さんが担当です。お嬢さんが高校受験シーズン。親としてできる限りのことをしたいと、とても誠実なパパぶりを披露していただきました。

Word of the Day(今日の言葉)の担当はS好さん。

「共感」を選んでくれました。紙に書いて使いやすいよう説明していただきました。

次に各サポーターの役割説明がありました。

文法係はH野さん、計時係はA.Hさん、集計係はT山さん、えーとカウン)はY戸さん、例会レポーターはM川です。

入会式があったので、時間の遅れを補うよう皆さん簡潔な役割説明でした。

いよいよPreparation Speech(準備スピーチ)の時間です。2番目のN村さんはアクシデントで遅れることになったので英語準備スピーチの後で行うことになりました。臨機応変にアジェンダが変更されました。

1番目は H井さん。スピーチプロジェクトはCC#3 ”ポイントを押さえる”、タイトルは「私が髪のためにしていること」。

まず「髪を洗うのに何を使っていますか」と聴衆を当てて質問。もう聴衆を引き付けています。シャンプー使わずお湯で洗うとのこと。メリットを3つにまとめ、また 臭うのでは?、爽快感がないのでは?という気になる点を払しょくする説明もしっかりされていました。洗い方として、湯の量を多め、入念なマッサージしながら。また、1週間くらいで慣れ、爽快感も出てくるとのこと。さらに1か月に1~2回はシャンプーをするなどもOKで、自分の「ベストサイクルを見つけ出す」のが良いとか。もう、お湯での髪洗いを試さずにはいられなくなるスピーチでした。

2番目はN村さん。スピーチプロジェクトはCC#6 ”ボーカルバラエティー”、タイトルは「高校時代に戻れる夜」。

年1回の高校同窓会。幹事をしていて、参加するのは社会に出てうまくいっている友人、うまくいっていない友人にも出てもらいたいので両親に電話し出てもらっている。社会人になって友人としばらく会っていない時、会社生活でうまくいかず、失敗続きで会社を休み辞表も書いた。そんな時、その高校友人が集まったとき、友人たちは「○○が出来ない」と打ち明けられるのに、それを打ち明けられない弱い自分に気づいた。その別れる時、大泣きして弱い自分をさらけ出せた。その後、会社に戻ることができ、頑張れるようになった。そんな打ち明けられる友がいるから自分が強くなれた、との内容でした。会社を辞めるまで思いつめた自分、そこから立ち直ることができたという、とてもドラマチックなスピーチでした。

次にTable Topics(TT)の時間です。TTマスターはOBのN瀬さん。今巷の話題であるTRUMP次期大統領をトランプにひっかけ、数字語呂合わせでの質問でした。当クラブをA♣373(クラブの皆さん)とA3用紙に印刷して見せてくれました。

質問1「7,4,2,10(ナシブドウ)で最近食べたおいしい食べ物は」に対しK木さんが回答しました。

烏帽子店で食べたあん肝が厚み、味ともよかったとのこと。生もの大好きというスピーチでした。

質問2「4,9,8,9で四苦八苦していること」に対し宮田さんが回答しました。それは上司とのコミュニケーション。上司は細かいことこだわらないタイプ。失敗したとき「ええやん」と言ってくれる。しかし、仕事の指示も大雑把。「明日、頼むで」だけ。なにを頼まれたのかもわからなく、当日になってみれば来客の工場案内で半日仕事。これからは仕事を「5W1H」で確認するそうです。

次は

Evaluation(論評)セッションです。General Evaluator(論評司会)はS紀さんです

1番目、H井さんに対する論評はT部さん。
タイトル、皆が興味を持つ話題、構成がよい興味を持つ話題、構成がよい、お金のかからなくより良い方法の提案で共感を呼んだスピーチ、と高い評価でした。改善点としてはスピーチの流れがスムーズでよかったが、話が変わる時は「間」入れるとさらに魅力的なスピーチになるという論評でした。

2番目中村さんに対する論評はO江さん。

新人戦用スピーチであることを踏まえ、勝つために改善点中心で論評されました。場面の時間が行ったり来たりの感があり、時系列にするとよい。ボーカルバラエティーなので、友の前で打ち明け、大泣きしたところを実際に演じてみることをアドバイス。新人戦に向けとても有用なアドバイスとなる論評でした。

この論評は英語スピーチ論評の後に行われました。

次に、S紀さんの総合論評です

K木さんの入会式、今日の言葉の「共感」、テーブルトピックスの司会のN瀬さんへの良かった点についいて、またT部さんのH井さん絵の論評および、O江さんのN村さんへの論評について素晴らし点、工夫を期待したい点についてコメントがありました。
日本語の部はこれで終了です。