第169回サザンビーチトーストマスターズ例会(10/7/2017)

日本語の部 例会レポート (TM N.S.) (New!)

いつものとおり、N会長の挨拶で始まった例会ですが、いつもより嬉しいことが!それは今日からメンバーとなる M さんの入会式です。会員担当 S さんより M さんの紹介がありました。スピーチを学びたい、と参加を決められた M さん。見学時に「雰囲気がよく楽しかった」と感じて下さったそうです。嬉しい!メンバーと握手を交わし、新たなメンバーとして加わりました。
今日の司会はベテランの域に入って来た Y さん。連休で出席者がいつもより少なかったのですが Y さんが持ち前の柔軟さをもってリードしてくれました。
今日の言葉は、お隣の小田原クラブから参加の S さん。「うなづく」が今日の言葉として紹介されました。自分の話を頷きながら聞いてもらえると、とても心強いですよね?という訳でみんなで「うなづく」事を意識しながらながら例会に参加しました。ふむふむ、ごもっとも。
今日のスピーチは、この日入会した M さんによる「4 組のホストファミリー」。ええっ?!と思うようなバラエティー豊かなホストファミリーとの出会い、それも 1 家族ではなく、次から次へと計 4 家族。彼らとの交流を通し、人生山あり谷あり、色んな形があり、幸せそうに見えても何かしら抱えていることもある、ということを知ったという M さん。「アイスブレーク」と呼ばれる初めてのスピーチは、ご本人の自己紹介も兼ねたものにすることがお題となっていますが、M さんの他人への優しい眼差しや落ち着いた様子を知る事ができ、また引き出しの多さを感じられた、素敵なスピーチでした。これから一緒に活動して行く事がとっても楽しみです。
テーブルトピックスでは再び小田原クラブの S さん。今回はいつもと違ったやり方でした。「あなたの憧れの人を頭に思い浮かべて下さい」というお題がまずあり、それに加えて「憧れの人と会話をする」「憧れの人とどこかに出かける」「憧れの人に料理を出す」というお題に、N さん、Y さん、M さん、S さんが解答しました。憧れの人をも思い描きながら更に次の行動を、と考えるのは難しかったですが、良いエクササイズになりました。またスピーカーは、成る程と思う「憧れの人」にあったエピソードを披露してくれ、とても楽しい内容でした。今回は進め方もいつもと違っており、解答者を指名してからお題を出すという形式。あとでお伺いしたところ「テーブルトピックスのコンテストのように行う事で緊張感をもってやってみたかった」とのこと。他クラブの方が参加されると、新たな知恵や工夫を見せて頂け、楽しい時間になると、改めて思いました。ありがとうございました。
スピーカーに対する論評は、名論評者の A さん。初めてのスピーチに対し、良かった点を、話す姿勢から内容まで、丁寧に隅々まで挙げてくれました。スピーカー M さんは、もしかしたらご自分では思っていなかった魅力を知る事になったかもしれませんね。
総合論評は、急遽参加できる事になったベテラン MYさんが、快く引き受けて下さいました。MY さんの論評は、ちょっとした事に対する感謝を忘れないあたたかな面と、ちょっとした改善のヒントやアドバイスが共存していて、いつも勉強になります。
フレッシュさとベテランさ、また他クラブの持ち味が気持ちよく混じり、みんなで楽しんだ 1 時間でした。

続きを読む

広告

第135回 サザンビーチTMC例会

R0012535今日の例会は「テーブルトピックス(即興スピーチ)」のワークショップでした。毎年トーストマスターズでは、春と秋の年二回、コンテストが開催されます。今年の秋のコンテストはテーブルトピックスのコンテストが開催される事になっており、それに向けたワークショップが行われました。
講師はお隣の小田原 TMC からいらして下さった M さん!笑顔と軽快な話し口が素敵な明るい方です。そんな彼女ですが、実は前回(2012年)全国大会の日本語の部優勝者。テーブルトピックスのコツを伝授頂きました。彼女のコツは3つ、PREP法(Point → Reason → Example → Point)、時間配分、自分の土俵に持ってくること。こう考えると、通常のスピーチととても似通っています。お題が急に与えられる、短い時間(1分〜2分半)で話さなければならない、そう思うとどうも苦手意識を持ってしまっていたテーブルトピックスも、少し身近に感じられた、そんな瞬間でした。
後半は、彼女が大会を勝ち抜く間に聞かれた質問で練習です!トーストらしく、他の方からの短いフィードバックをつけながら進めていくやり方で、なんとなく終わっていたテーブルトピックスに、メリハリが出たように思います。併せて M さんの回答についても教えてもらい、楽しい時間を過ごす事ができました。

他クラブやゲストの参加もあり、ワークショップは盛況に終わりました。なにより、パワーポイントが投影できないトラブルがあったにもかかわらず、終始明るく引っ張ってくれた M さんには大感謝です!ありがとうございました。次回からのテーブルトピックス、みなさん楽しみになったかな?!

第98回例会レポート 2/21/2015

コンテスト委員長のS木さん、Y戸さん、審査委員長のN井さん、ご参加の皆様のおかげで無事クラブコンテストを終えることができました。
ありがとうございました!

英語
優勝:N秋さん

2位:T部さん

日本語
優勝:Y澤さん
2位:T部さん

入賞者は、3/1のエリア45コンテストに進みます。
応援にいきましょう!

S木さん、コンテスト委員長がんばってください!

(Editor’s comment: TM T-be, thank you for the updates!)

Thanks to Contest chair TM S (English) and TM Y(Japanese), chief judge TM N and everybody else who participated in the club contest, our contest was a success resulting in the following winners:

English contest  :  1st prize: TM N-aki, 2nd prize: TM T-be

Japanese contest :  1st prize: TM Y-zawa, 2nd prize: TM T-be (She’s got two prizes!!)

The winners will participate in the area 45 contest on 3/1 at Chigasaki. Let’s go to the contest and cheer them up!

And… our TM S-ki will be chairing the area contest!

Editor’s note: The following is our English meeting report ( Thank you TM M-moto!) :

English Contest Chair TM Sーki announced the contest rules and role takers.

I was very surprised with her calmness for her first English contest chair.

The first speaker was TM M.N-san

The speech title was ‘Walk to talk”

I was captivated with her initial questions.

Her husband asked her how many her speeches she delivered and how many speeches she listened.

From her experience her Toast Masters carriers, she did 42 speeches last 8 years and belonged to 2 Toast Masters.

She listened to 15 speeches each month and multiplied almost 2000 speeches so far.

This experience is “Mother of wisdom”.

She promises easy to listening and re-motivated by fellow Toast Masters speech.

Since this.3 good points and 2 rooms for improvement.

After Toast Masters fellows delivery his or her speeches, she was looking forward to her or his challenge and story..

The tactics of good speech is not “Talk to walk speech(有言実行スピーチ) “.

She indicated the oratorical speech she chose was Malala Yousafzai speech..

Practice, Practice, she is success.

Coming back to her home, she felt uncomfortable. Why?

She imitated her speech such as 1 children, 1 pen change the world, education first.

This is catching word. But is it true? She forgot about the most important thing from her speech.

Her speech message is let the people to take an action to support the children who don’t any education in the world.

She needs to walk to talk from her speech. She decided to take an actiton. In her company she proposed 1 project such walk for children education.

At that presentation, the audience was not good atmosphere such as crossing his or her arms.

But she never gave up her speech just like Malala’s sprit.

After all she succeed in joining a lot of members for this project. For her this is a giant step.

Take an action from the speech message. This is the most important thing she thinks.

From Malala’s digest message, the lesson she learned, it’s not only to listen and be motivated by someone else’ speech,

Just take an action, walk to talk.

I was very impressed and moved with her speech. I was very surprised with her vitality and activity such as proposing the project to her company HR. How amazing! Thanks to TM M.N-san.

The second speaker is TM E.Y san

The speech title was “Beyond your horizon”

At the beginning of his speech, he succeed in captivating all the audience.

The famous line was “ I had a dream”.

When he was a junior high school student, he grew his hair a little bit longer.

His story was very funny.

For Halloween party or etc, he had a dream to change his costume and positioned the center just like AKB.

For the first time, he was reluctant to try on this costume, after work he practiced dancing over and over again.

At the club party he succeeded in performing the dance and song.

After the party every member gave him a big applause. As a successor, he broadened his horizon.

Once your dream come true, you could expand your horizon just like him.

Congratulations on TM E.Y san.

Your funny and insightful speech encourages every audience.

The third speaker was TM K,M san

The speech title was ‘What are the most important thing before communication?”

Nowadays his company tries to accelerate globalization.

Communication catching the customers is very important.

Let’s produce the innovative product to be suitable for customer needs.

He remembered joining Toast masters about 6 years and pumping his heart at delivering his speech.

About 20 years ago he made a research presentation at the international conference in Greece.

He couldn’t control his nervousness and so speech was more than 10 minutes.

Returning to the start point, what is a communication?

Communication is to share information with you and to understand each other.

Then ask you to take an action for example.

How do you persuade to love me?

A song has come to him. UFO sung by Pink ladies. You can communicate each other by putting each other’s hands.

Touching communication will make a miracle!

I was very fascinated with his speech and do understand the important of communication.

I respect him regarding getting over his nervousness in delivering his speech.

Actually in my case, I always feel nervous beforehand and develop an urge to run away, even in the case of prepared speech.

I gave him a big applause.

The final speaker is TM C.T san

The speech title is “This equal more”( I’m sorry I can’t catch it)

Where is the document? I have to submit the document.

For the first time I was captivated the first portion.

She spent a lot of time searching for the missing documents.

She made her mind to keep the simple life.

A several years ago, she experienced going to European countries such as Belgium and Norway.

At the check-in gate, her belonging was too big to board the airplane.

The security officer might consider her belonging dangerous.

To lighten her belonging, the American designer recommended her.

She can save the time to search for missing items.

I was very impressed with her simple life such as she asked whether it is necessary or not.

Thanks to C.T san speeches.

英語に引き続き、日本語のクラブコンテストが開催されました。
コンテスト委員長はY戸さん、審査委員長は英語に引き続きN井さんです。
コンテスト委員長による注意事項の説明に続き、コンテストスピーチが始まります。
1人目はY澤さん。スピーチタイトルは「忘れられた人々と紛争」。
世界中を旅するY澤さん。そんなY澤さんが訪れたシリアの人々は、「こんにちは」と日本語で挨拶してくれる人、「そんなの関係ね〜」とギャグを言う人。家に招いてくれた人。
交流を通じて感じた人々のあたたかさに対し、連日の一方的な新聞報道に違和感を感じ、そんな人々ばかりではない!と、力強く訴えていました。
2人目はT部さん。スピーチタイトルは「顔を上げる」。
会社の中で新しい仕事を始めたT部さん。仕事の進め方がわからず、どうしよう、と、行き詰まって抱え込んでいた時に上司からアドバイスをもらいます。
そのアドバイスで困った時は「顔を上げ」、人と積極的に話しをすることによって乗り越えることを学んだそうです。
昨日より今日、今日より明日、顔を上げていこう!と、力強く訴えていました。
スピーチに対するインタビューは、前回秋の英語のクラブコンテストで勝ち上がったM田さん。
春のコンテストは世界大会のためスピーチ6回以上の経験が必要となり、今回はインタビュー係に回ってもらいました。
Y澤さんもT部さんも英語と日本語の両方のコンテストに出場されていたので、英語と日本語どちらのスピーチが好きか尋ねていました。来年の春はコンテストへの出場が楽しみですね。
コンテストの結果は、優勝がY澤さん、2位がT部さんでした。おめでとうございます。
お2人は3月1日(日)のエリアコンテストに出場します。場所はいつもの茅ヶ崎市市民文化会館です。
みんなで応援に行きましょう! -TM T田 筆

第83回例会レポート

83rd Southern Beach regular meeting was held at Chigasaki shimin bunka kaikan.

The meeting started with greetings from our new club president, TM CT.
She introduced “Hamaorisai (浜降祭)”, Chigasaki’s famous summer festival on July 21st.
Over 30 mikoshi (portable shrine) dive into the sea on Southern Beach at the break of dawn.

we found the president was little bit nervous even though the president
for her first greetings in English

Today’s toastmaster of the morning is “Iron toastmaster in the world”, TM Keith.
He started topic of the weather. Rainy season are not good for outdoor activity but we can focus on toastmasters’ activity!
And he will visit Okinawa as area 65 governor from tomorrow. Iron toastmaster is very busy for the toastmasters’ activity.

Word of the day by TM NH, She selected the word “ambition”.

Role introduction
Timer: TM KM
Grammarian & Ah counter: TM MN
Vote counter: TM YM
Meeting reporter: TM KT

Each role takers made well prepared role explanation.

Prepared speech#1 CC#1 Ice breaker by TM KI
Speech title is “Not a stranger”.
He introduced himself to us according to Toastmasters’ speech manual CC#1.
He is Japanese but he raised abroad in his childhood. He moved Malaysia, Singapore, New Zealand, Philippines, and Japan.
We could understand why his English is so fluent, and also really understood the meaning of the speech title “Not a stranger”.
You are not a stranger, you are club member of Southern Beach TMC!

Prepared speech#2 CC#8 Get comfortable with Visual aids by TM DN
Speech title is “Practical Communication”.
He suddenly divided three groups into members and gave us origami for each of us.
And he ordered us to close our eyes and continued talking.
Fold the origami in half, fold it in half again, and tear off the right below corner with our eyes closed.
Open the origami and show it each other, then we could see different types of origami.
What can we learn from this practice?
We get quite different result even if the order is same. Communication is so difficult and important.
Finally he requested to give impressions about the result from three groups.
All members were involved in his practical speech and were able to feel difficulty of communication.

Quote of the day by TM AM. He selected the quote “Where there is a will, there is a way.”.
If someone wants or wills something strongly enough, a way can be found to make it happen.
20 years ago, his English didn’t get through to the staff of McDonald’s in the U.S.
Through this experience, he studied English harder than before.
And he do remember this quote over and over again.

Evaluation session was lead by TM RI. She explained the evaluation system in toastmasters briefly.
We have no teacher, but we are all teacher. We give feedback each other, then we can learn and grow up.

TM CT for Prepared speech#1
She picked up strong points of his speech.
– Easy to follow his speech because of chronological order
– Speech title is impressive
And she cheered him up to explain the room for improvement.
– Tried to inform a lot, then spoke fast.
– If focus on a few interesting points, volume is smaller. Then you can speak slowly.
Her advice might be very useful and practical as usual.

TM EY for Prepared speech#2
He challenged his first time evaluation.
First he mentioned that he was surprised at TM DN’s speech by using origami performance.
His speech followed the speech objectives, and visual aid “origami” was effectively to understand difficulty of communication.
And he pointed out the room for improvement.
He wanted to know how to improve the problem of communication.
That’s a good point! I really agreed with him.
He was a little nervous but finished wonderful evaluation at last!

Followed by TM EY’s first evaluation, TM RI started general evaluation.
In fact, TM RI also challenged her first general evaluation.
She looked back the meeting and she was praised for the president greetings, TMOM, role takers and evaluators.
She was sticking to the basic general evaluation way, then it was very natural. So we didn’t believe this was the first time for her!

English session ended. After taking break time, Japanese session continued.

–ENG session by courtesy of TM Tsu

 ・タイトル「愛唱歌~好きな歌はまるで友達」
  MKさん
  「あなたの一番好きな歌は何ですか?」から冒頭
 入り、たいへん聴き手の興味を引く冒頭から、私は釘づけになりました。
 「好きな曲には人柄が出ると思いませんか?」
 「人生のその時その時で印象に残った言葉やフレーズはありませんでしたか?」
 というたいへん魅力的な始まり方でした。
 MKさんは心に残る曲が3曲あるそうです。
 1曲目は小さい頃、2曲名は昨年、3曲目は最近だそうです。
 そして実際にそのフレーズを歌って頂き、最後まで、たいへん面白く
 聴き手に考えさせるスピーチで、終わった後も楽しい余韻と温かい雰囲気が
 残るたいへんいいスピーチだと思いました。
 一服の清涼剤のようなスピーチでした。
 声の調子も明るく、ストリー性があり、とても楽しかったです。
 ICE Breakは大成功でした。
・タイトル「最近思うこと」
 ONさん
 「最近人間関係でストレスを抱えていまして・・」という大変 正直なONさんの誠実な人柄が出ているスピーチだったと思います。
 ONさんが人間関係でダークの部分をもろに受け、色々悩まれ、そこから気づいた 点や新たな発見など、たいへん印象深い、聴き手も一緒に考えていこうするスピーチの構成力は圧巻で、私は最後までONさんのスピーチには注意力が途切れることがありませんでした。
 たいへん聴き手も考えさせられるスピーチでした。
テーブルトピックマスターはTCさんです。
「あなたの小学校の時の過ごし方?」
 Oさん「荒川の土手で昆虫を使って、色々遊んだエピソードをたいへん楽しく
話してもらいました」
「印象に残っている祭りは?」
 Mさん「ロックフェスティバルの一体感を熱く語ってもらいました」
「ご当地お土産で美味しかったもの?」
 Mさん「出身地の神戸の春を告げる「イカナゴの釘煮」について話してもらいました
「500万円あげるから1週間、夏休みで楽しんでおいでと言われたら?」
 Kさん「好きな車を買って、残りの1週間で車を改造するという「もったない」使い方を披露頂きました。
・論評
 Kさん「明るくてユーモアのある人柄が存分に出たスピーチでした。
    良かった点(3点)
    ①序論(聴衆の興味を引くスピーチ冒頭)、本論(3曲の好きなスピーチ)結論(よろしくお願いします)がしっかりしていた事
    ②準備がよくできてい事(歌詞の提示など)
    ③表現力の上手さ
 Aさん「人によって、感じ方や解釈の違いについて」コメントを頂きました。
 総合論評のIさんはたいへん落ち着いた冷静な論評で聴衆の心を掴んでいました。
–日本語セッション レポーター TM Miyamo