第150回サザンビーチトーストマスターズクラブ(4/2/2017)

150’s meeting ~English session~
TM regular meeting started with TM SY’s opening remarks.
He announced that SBTM was celebrating its 150th meeting on that very day.
We hoped that SBTM would go better and better.
TMOM was performed by TM KO.
TM YN took the role of Word of the Day.
He chose  “fresh” , and it went well with the season since that day was the first day of spring according to the calendar.
In the prepared speech session, firstly, TM NS gave her speech titled  “We are not Monsters!”.
She told us about women.
How many changes do women face when they go into another circumstance like getting married?
How do they cope with those big changes?
She delivered her speech with full composure and we felt her strong will and determination.
The second speaker was made by TM TT.
His prepared speech title was  “How to Use KP Method in Presentation”.
To my surprise, KP stands for Kamishibai Presentation.
He led us to know how wonderful KP method is.
Its advantages are simple, lively, and handmade, he said.
In the table topic session, the TT master was TM CT.
She offered three different interesting topics in relation to the season of spring.
If you started something new, what would you do?
How do you cope with hay fever?
What dreams did you have when you were younger?
In the evaluation session, firstly, TM SN evaluated TM NH’s speech.
Her good points were as follows.
Her preparation was good so that her delivery was smooth.
The structure and composition of her speech was successful so that she was able to make her message understood.
One point for improvement was that her topic might not be appropriate as her speech aim was vocal variety this time.
The second evaluator was TM KM.
He evaluated TM TT.
His good points were as follows.
The structure was good, effective, and attractive.
Good performance.
The message was clear, simple, and lively.
Suggestion : It would be better and more persuasive if he compared other methods and showed KP’s merits stronger.
Then the general evaluator was TM Al.
In the general evaluation, TM Al mentioned the overall impression about the meeting.
He gave encouragement, saying “Good job!” and gave positive feedbacks to enhance the meeting.
第150回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(後半:日本語)
後半は日本語セションです。
引き続きTMOM(今朝のトーストマスター
)はO江さんが担当しました。
今日の言葉の担当はT部さん。
鳥年という理由で「トリ」を選んでくれました。鳥でも取りでもなんでもよいとのこと。
次に各サポーターの紹介がありました。
計時係はN井さん、集計係はY戸さん、えーとカウンタはT山さん。文法係はAさん。例会レポーターはM川。
いよいよ準備スピーチの時間です。
1番目はS紀さん。スピーチプロジェクトは、CC#10 「聞き手を奮い立たせる」、タイトルは「3つのこと」。
人に説明する時、3つの理由でよく説明します。その理由は、1)最小の3つ、2)最大の3つ、3)ちょうどよいの3つですと3つで説明。具体的に自分の今年の目標は3つで、目標の1つであるヨットに乗る理由を3つ。パートナーにそのことを話したら説得力がありすぎて、さらに大きな話になったとか。ユーモアもあり、ボディランゲジも自然でさわやかな説得力を醸し出し、CCプロジェクト総仕上げにふさわしいスピーチでした。CCプロジェクト達成おめでとうございます!!
2番目はH野さん。スピーチプロジェクトACマニュアル「対人関係のコミニュケーション」の#3「口頭による批判を鎮める」、タイトルは「アパレル通信販売のクレーム処理」。本クラブとしても初めてのPJであり、それを考慮され、丁寧な説明があり、続いて通信販売客に扮したT部さんのクレームに対する面談応対のロールプレとなりました。矢継ぎ早の苦情に対してもあくまでも丁寧控えめで、顧客の苦情を尊重しての対応だったのでお客もすんなり怒りが収まりました。50%割引での商品取り替えだったので、このような対応なら、誰も文句がつけられず逆に信頼でき、リピーターになってなしまいますね。2人のやり取りに対して、会場からの質疑応答もあり、全員参加で役立つ有用なスピーチと思いました。
次にテーブルトピックス(TT)の時間です。
本日の司会は初挑戦のK木さんです。本日の例秋の「春が来る」のテーマに沿ったお題が出ました。
1つ目は、「恵方巻について。こんなのがあったらでもOK」小田原TMCからのゲストのS水さんが答えました。恵方巻を作法にしたがって食べなかったので福は来ないだろうとのユーモアたっぷりの即興でした。
2つ目は「新年の立てた目標に向かっていますか」。N村さんが回答。着々と公私共々、目標に向かって進んでいるとのこと。早く目標が達成できるといいですね
3つ目は「あなたに勇気をくれる歌」。Y戸さんが回答。Y戸さんに勇気を与えてくれるのは、アンパンマンの歌とのこと。実際には歌いませんが、作者のこの歌を作った思いを語り、勇気を与える歌との思いが伝わりました。
次に論評のセッションです。論評司会はN村さんが担当。
1番目S紀さんのスピーチに対する論評は論評初挑戦のS好さん。良い点3つ1)プロジェクトにふさわしい話題、2)根拠がしっかりしている、3)エピソードがドラマチック。とても感服され、改善点の言及はありませんでした。初めての論評とはとても思えない、しっかりした論評でした。
2番目H野さんのスピーチに対する論評はO澤さん。1)説明が上手で準備しっかりリサーチ力あり。2)批判への解決法の例示が丁寧、3)ロールプレイではよく聞いて受け止めていたなど、良い面をしっかり拾っていました。改善点もロールプレイで客の反応を見ながら対応すると良いという、今後のヒントになる内容でした。深く解析した優れた論評と思いましたが、時間オーバーで残念。
次は総合論評です。
初めに今日の言葉、文法、えーとカウンターのレポートが行われました。
続いて、本日の英語セッションについて司会のN村さんから総合論評がありました。O江さんの今日の言葉の使い方として「取り直し」がよかった、TT司会初のK木さんがとても堂々としていた、論評のS好さんは聞きやすかった、O澤さんには特殊なスピーチにも関わらずスムーズな論評であったとのコメントがありました。
最後にいよいよ表彰セッションです。司会はTMOMのO江に戻りました。
英語ベストTTスピーカーにはM田さん、日本語ははS水さんが選ばれました。
ベスト論評賞には英語のN井さんが選ばれました。
ベストスピーカーにはCC#10達成のS紀さんが選ばれました。
本日の例会は参加人数も多く、とても実りのある例会でした。

第149回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(1/21/2017)

~日本語セッション~
1/21日市民ギャラリー3階会議室にてサザンビーチトーストマスターズクラブ第149回目の例会が開催されましたので、レポートします。
Y会長からの、開始挨拶がありました。
少々体調が….とのお話からでしたが、雰囲気を和ませてくれるスタートの挨拶をして頂きました。
次に  ゲストの紹介がありました。小田原から女性Tさんと男性Tさんですが来場され紹介がありました。
そして、TMOM(司会進行)Tさんが、暖かく優しい雰囲気を作りながら進行して下さいました。
今日の言葉は、Mさんによる
(胸)が弾む:震える:が熱くなる:が詰まるのお題をでした。
日本では、同じ内容で心と使ったりします。英語では、ハートと使いますが
今回はあえて胸と使ったお題でした。
役割紹介です。
計時係のSさん、文法係のMさん、えーとカウンターのYさん、集計係のOさん、例会レポーターのKが簡単に
内容を伝えて、役割を担当して下さいました。
準備にスピーチに入りました。
スピーチ#1タイトル[イギリス英語のAB]
をHさんが、今年の目標の話から始まり
イギリス英語が大好きで……から始まり
英語とイギリス英語のアクセントの違いの紹介を
とても分かりやすく丁寧に解説して下さいました。
スピーチ#2タイトル[男塾]を去年入賞されたNさんが、男子高の頃の楽しい仲間達との触れ合いと友情と笑いと実演を絡ませたスピーチでした。
次は、テーブルトピックスです。
1寒さ対策について…….Hさん
2福袋を買って良かった物:買わなくて良かったもの…….Tさん女性
3トランプさんが、上司だったら?
……..N井さん
4注目しているスポーツ……Nさん
即興スピーチを時間内に収めて素晴らしいスピーチを披露してくださいました。
そして、論評です。
スピーチ#1[イギリス英語AB]のHさんのスピーチについて…….T部さんが、的確に細かい部分まで
アドバイスや、激励がありました。
スピーチ#2[男塾]NさんのスピーチをゲストのT男性が論評して下さり、とても評価が高く、そして更に男塾がより良く
なるためのアドバイスも頂けました。
総合論評Oさんの論評をもって
時間通りの進行で、日本語の部は終了しました。

~English session~
TMOM was performed by TM TT as well as the Japanese session. TM TA took the role of Word of the Day and she chose “amazing”, showing positive and praise meaning. So it was easier word for us to use.

 

In the prepared speech, TM SN gave a speech about histories of DNA research. It was scientific and specific. Probably it may have been a bit difficult for him to make his speech more understandably for other members.

 

In the table topic session, the master was TM. YS She prepared four different topics. All of them were interesting. 1) At your son’s sport meeting in school, he told you that I am chicken and I can’t run. As his parent how you can encourage him? 2) You are correcting stamp cards for shopping. How do you use them? 3) You were allowed to take one day off. How do you spend that day? 4) What is your most favorite food?

 

In the evaluation session, TM CT served as the general evaluator. TM SY evaluated TM SN’s speech. He raised two good points of his speech and one point for improvement. He pointed, in the last slide, the letters were too small to read for us and if he would have used bigger fonts with showing only a few key words but not long sentences, he could have given more impact in conclusion.

TM SY closed his evaluation by encouraging TM SN, so his way of evaluation was amazing.

In the general evaluation, TM CT mentioned the overall impression about the meeting and gave meaningful and constructive suggestions to improve the meeting quality.

第148回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(1/7/2017)

~English session~
We started English session with Word of the day “be prepared” from ™ Y. I think this word is easy to speak. Actually I use the word before I knew it, since we usually have “prepared” speech session.
 ™ T, 1st speaker in English session, he illustrated bread machine for family user. He regretted “If I had presented my bread, I could improve my speech.”
I have the same opinion as you do. It was really delicious bread.
Om, 2nd speaker in English session, started from riding on a motorbike.“It’s gonna happen.” we were attracted by him at the beginning.
 Table topics session led by N. I am sorry to inform you that I was so busy because I was unexpectedly called on for General Evaluator, not to excuse for myself, so I was not able to get hear the theme and topics.
And also in evaluation session, all I could come up with was to learn my part line by line. T evaluate for first speaker.
Y evaluated for second speaker
I am really sorry for you both.
And I mixed up the order. I thought we were going to general evaluating first.
A meeting requires a balance between talking and listening, I lost that balance.
Anyways I managed to get out the meeting for the first time in a while.

~日本語セッション~
年始最初の準備スピーチはトーストマスターに入り最初のスピーチCC1をTM Kさんが自己紹介として披露してくれました。
本人の人柄が非常によくわかるスピーチ。全く苦手を感じさせず、皆さんも感心しておりました。
その甲斐もあり今日の準備スピーチに選ばれました。
次回も頑張っていただきたいですね。
テーブルトピックでは準レギュラーになりつつあるTM Oさんがショウガパウダーについて披露され今日のテーブルトピック賞を勝ち取りました。
論評セッションではTM MさんがKさんの準備スピーチに対して非常にわかりやすく良かった点、改善点を披露され、かつ今後を期待させてくれる論評をしていただき賞を勝ち取られました。

今年も新しいメンバーを迎えさらに楽しくなりそうです!!

第147回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(12/17/2016)

~日本語セッション~
サザンビーチトーストマスターズの
147回例会はいつもより30分早く9:30に開始されました。なぜって、今日の午後は神奈川県新人戦が行われるのです。

三島クラブからの3名の美しいゲストを迎えY会長の開会宣言の声も上ずりがち。今日は引き続きYさんが総合司会を務めます。今日の言葉は「振り返り」一年を締めくくるのにふさわしい言葉をHさんが紹介してくれました。

役割紹介の後早速今日の準備スピーチ。日本語は1本だけです。Nさんが新人戦の最終リハーサルスピーチを披露してくれました。タイトルは「男塾」。Nさんらしい勢いの源と、それを支えてくれた仲間の大切さを感じさせるスピーチとなりました。

即興力を鍛えるテーブルトピックセッションでは、Tさんが「接続詞トランプ(カタルタ)」という秘密兵器を投入。スピーチの合間に「そういう訳で」「だからと言って」「おまけに」「偶然にも」などの接続詞の書かれたカードを選ばせ、自由自在に操るマジシャンのようにスピーカーを翻弄しました。1日があと何時間欲しいか、2時間減ったらどうするか、本日の新人戦の抱負などのお題も楽しめました。

論評セッションの進行はTさん。Nさんへの論評はSさん。昨年当クラブの代表として新人戦に出場した経験を踏まえNさんへの暖かいアドバイスを贈られました。文法報告では『晒け出す』『支え』などピリリと心に残る表現をSさんがきちんと拾い上げられていました。

なお、本日の新人戦でNさんは見事3位入賞。最終リハが効いたのは間違いないですね。おめでとうございます。

~English Session~
Held a regular meeting with many active members including guests.

I joined it for the first time in 3 or 4 months and found each speaker tried to make a gesture to express their own episode and evaluation more proactive than before.

As Word of the day, some kinds of English sentence such as “I’m rooting for you” given by TM S.

In prepared speech, three speakers, TM Y.S, TM R.S and TM N made a presentation about past funny and weird expriences.

 

第144回 サザンビーチTMC例会(11/5)

It became a warm day even though we entered in November.

Today’s TMOM was a veteran, TM KM.  On the last holiday, he took a walk around the lake Tanzawa.  He enjoyed the suspension bridge and taking pictures.

Word of the Day was “Natural” by TM YN.  His message was “You don’t have to be too positive.  You can just relax and being your regular self will lead to the best condition.”

The first prepared speech was persuasive speaking, “From my experience, conquering the Cold Call”.  It was a speech for advanced speakers, reaching 15 minutes.  In the first half, he explained about the information system industry where he works and the background of acquisition of order entry.  In the second half, he performed a role play that he sells a large-scale security system to a major airplane company as a sales representative.

The Table Topic was about trip by TM NS.  Firstly, she talked about her episodes about her trips to Hokkaido and Spain enjoyably and vividly.  Then, she asked the following questions.

  1. Could you tell us your favorite place you found during your trip?

TM NH: Ishikawa, beautiful rice field (Senmaida)

  1. Do you have your recommendation as a souvenir?

TM M: White Lover

  1. What is your qualification for trip?  Where would like to go and why?

TM AM: South Korea, to have Korean BBQ with his family

  1. Did you have an experience something like you’re appreciative but, actually, it was embarrassing?

TM YS: A lot of row Ginko

Coincidently, TM NS and the respondents talked about food such as salmon and White Lover in Hokkaido, soft cream in Ishikawa prefecture, sea food in Spain, grilled beef in Korea, Ginko and so on and we enjoyed delicious episodes.

The speech evaluation was performed by DTM, TM KO.  It was a specialized and an informative speech but the overall structure was divided, which was easy to understand.  TM AM explained business terminology such as Blue Ocean and Red Ocean clearly by using a chart.  After TM KO admired him, he advised about the last role play.  If he communicates by including each other’s introduction and ice break, it might be a natural dialogue.

The general evaluator was TM SY.  He looked backed on today’s English session and wrapped it up.