第259回サザンビーチトーストマスターズ例会 (3/6/2021)

2021/3/6 #259 Regular MTG/通常例会 via ZOOM

例会レポート(2021年3月6日)

10時に第259回例会がZOOMで始まりました。

会長のNSさんが三寒四温で段々春らしくなってきたとおっしゃいました。そして、俳優のムロツヨシさんの逸話を披露されました。彼は、下積み時代が長かったのですが、周りの人達が成功して行く中、自分がどうしたら成功できるか考えました。そして、大学受験で勉強した、命題を証明するときに使われる数学的帰納法を人生に置き換えてみました。この考え方はまずなれると仮定するので、成功だけを考えたら、だんだんポジティブになれたというお話でした。

ゲストは、内モンゴル出身で日本在住8年で、就職活動中のKさんでした。

TMOMは、SAさんでした。

今日の言葉は、NHさんでした。長い冬が終わり、やっと春がやってきました。医療従事者のワクチン接種が始まりました。オリンピックも開催に向けて、今運営側が今一生懸命奔走されています。まだまだ不透明なことも多いですが、桜の開花を待つ季節になり、新年度も始まります。そこで、本日は、心機一転、英語では、turn over a new leafが提示されました。

役割紹介がありました。

SNさんがテーブルトピックスマスターで、テーブルトピックス(即興のスピーチ)のセッションが日本語でありました。

  1. 職場で嫌いな人を1人語ってみて下さい。

YYさんの職場には、5つ位年上の攻撃的な男性がいらっしゃるそうです。トーストマスターズでは人を褒めますが、その方は、おまえはここはだめだと人を否定するそうです。他の方もその方に苦手意識を持っていらっしゃいました。しかし、トーストマスターズに来られて、嫌な人の考え方も変わったそうです。

  • あなたがすごい恥ずかしい思いをした今年度またはこれまでの人生から肩って下さい。

YMさんは、40年前の忘れない思い出があるそうです。お母様の実家のおばあ様の家に行かれたそうです。おじ様やおば様やいとこの方が集まっておられました。コーヒー牛乳は、大人の飲み物だから飲んではいけないと言われていたのですが、おばあ様からいただいたコーヒー牛乳が雷に打たれたようにおいしかったそうです。そこで、冷蔵庫に抜き足差し足で行かれて、こっそり飲もうとされたそうです。しかし、おば様に見つかり、飲みたいなら言えばいいのにと言われ、とても恥ずかしかったそうです。

  • 新年度に心機一転したいことを教えて下さい。

NHさんは、2018年にオリンピックのボランティアの集いに参加して、素晴らしい思い出ができて、ボランティアとの交流もずっと続くと聞いたので、ボランティアを志望したそうです。残念ながら去年は延期になりましたが、もし今年、ボランティアがうまく行ったら、トーストマスターズでスピーチをしたいそうです。

  • 日本人のいいところを教えて下さい。

ゲストのKさんは、日本人は、礼儀正しいところが良いとおっしゃいました。

準備スピーチは、翌日、3月7日のエリアコンテストに日本語の部に参加される方が練習を兼ねて行いました。

最初のスピーチは、YNさんで、「私は最後までやる人」でした。

YNさんは、4年前に製造業に転職されました。Yさんという上司の方が厳しい方で、質問をすると教えたと怒られたそうです。昨年定年退職され、その前にNができないシリーズを紙に書かれたそうです。「言ったことしかやらない、柔軟性がない、話を聞いていない」と書いてあったので悪口を書かれたと思ったそうです。しかし、最後の方に、「最後までやる。こいつののびしろは半端じゃない」と書いてあり、熱い思いがたぎったそうです。YNさんは、「最後までやる、神様がやどる」と強調されました。後輩が、0.1mmずれているのを見つけ、直されたそうです。不器用ですが、一生懸命やるので、「中村君、この資料使えよ」と声を掛けられるようになったそうです。最後に、「最後までやる履歴書、最後までやる性格、スピーチやりきりました」とおっしゃってスピーチを締めくくられました。

2番目のスピーチは、NSさんで、「1マイル」でした。NSさんは、地球一周4万キロから始まって、長さ1.852の1海里のお話になりました。海が大好きなNSさんの旦那様は、ヨットレースに挑戦されていて、2019年に子どもの頃からの夢だった大陸間をヨットで横断されました。NSさんは、納得性のあるプランを旦那様に要求されました。フランスを発ち、11月にゴールのカリブ海に到達されました。旦那様は、ついに子どもの頃からの夢を実現され、あの感動を一生忘れないでしょうとおっしゃっていました。しかし、ヨットで世界一周したいという新たな夢が生まれました。大西洋を1マイル走る度、地球一周思ったより短い、長いと思うっ距離を超えると感じられました。実現している人が目の前にいるからとおっしゃって、「千里の道も一歩から」と夢に向かって頑張っていらっしゃる方々にエールを送られました。

休憩が5分間ありました。

WAさんがテーブルトピックスマスターのテーブルトピックスセッションの英語がありました。

  1. お好きなお花見の場所はどこですか?

SSさんは、靖国神社に行かれるそうです。日本のために命を捧げた方を尊敬されているそうです。イルミネーションもきれいだそうです。

  • 3月は新生活の時期です。あなたは、新生活を始める方に何と言ってあげたいですか?

SNさんの息子さんは、大学受験を終え、大学が決まったそうです。外国の方とコミュニケーションを取ることが重要なので、英会話と発音を勉強しなさいと息子さんにおっしゃったそうです。

  • もし生活を変えられるとしたら、何をしてみたいですか?

SAさんは、遊牧民みたいに移動しながら生活してみたいそうです。日本のすべての美しい季節を満喫してみたいそうです。

  • 日本には季節の食べ物があります。春には何を召し上がりたいですか?

ゲストのKさんは、ラーメンと刺身のサケとマグロがお好きだそうです。

論評セッションが、CTさんが総合論評者で始まりました。

最初のYNさんの「最後までやる」の論評は、NIさんでした。

良い点は2つありました。最初は、ジェスチャーで、手の動きと横に移って話しかけるところがよかったそうです。2つ目は、小道具が最後までわかりやすかったそうです。改善点が2つありました。1つ目は、登場人物をキャラクター化するともっとよかったそうです。例えば、強面とか頑固な昭和おやじとか泉谷しげる風とか表現するとさらに効果的だったそうです。2つ目は、ロジカルにした方が良い所があったそうです。部下の方が1mmのミスに気付かれたので、最後までやるのは、YNさんから広がったというエピソードが伝わるとよかったそうです。

2つ目のNSさんの「1マイル」の論評は、YYさんでした。

良い点は、2つありました。最初の距離の説明で、地球から広がって行きました。ストーリーラインが通っていたそうです。2番目は、夫婦のやりとりがよく伝わっているそうです。全体的にストーリーラインがよくなったそうです。

改善点は2つありました。1つ目は、旦那様と同じ位置で話されていました。奥行きを使って、一言話して前に出るとよいそうです。2つ目は、最初は笑顔だったのですが、覚えながら話されているところがあるので、笑顔が続くと良いそうです。

次に、総合論評者のCTさんの総合論評がありました。

今日の言葉の心機一転はこの時期らしいとのことでした。TMOMのSAさんが機転を利かされて、いつもは準備スピーチの後、テーブルトピックスなのですが、最初に持ってこられて、日本語で場を温められました。また、日本語も英語もゲストの方にもスピーチの機会が用意されました。どちらのテーブルトピックスも答えやすく、楽しいものでした。論評は、改善的具体的で一日でできる内容でした。勝ちに行くという意気込みの応援になりました。役割調整もつつがなく行われたので、SAさんに皆さんから拍手が送られました。

表彰がありました。日本語の最優秀テーブルトピックススピーカーは、YYさん、英語の最優秀テーブルトピックススピーカーは、SSさんでした。最優秀論評者は、NIさんでした。最優秀スピーカーは、NSさんでした。

ゲストのKさんが、例会の感想を述べられました。NSさんのスピーチのヨットで世界一周の話を最近誰かの話を聞かれたので、世界は狭いと思われたそうです。

連絡事項は、3月末までの会費支払いのリマインダーが、NIさんからありました。次回3月20日の例会の役割について打ち合わせがありました。閉会後、コンテスト出場者の方々の改善事項の質問がありました。