第235回サザンビーチトーストマスターズ例会(5/2/2020)

今回も、新型コロナウィルス対策での緊急事態宣言下にあるため、Zoomミーティングとなりました。ゲストとしてノンTMで3回目の参加のSさん、横浜フロンティアからY井さん、日本橋TMCからT橋さんの3人が参加してくれました。

今日のTMOMはベテランN秋さん。事前に、オンライン例会だからこそ、服装などカラフルに行きましょうとカラーを入れる提案があり、皆さん少し着飾ってきました。
司会の初めに、赤色は何の効果があるのなど、各色の効用に関してクイズがあり、雰囲気がとても盛り上がってきました。赤は情熱・エネルギー、ピンクは若さや肌、黄色についてはお金という答えもあり大いに沸きました。青は落ち着き・集中力・食欲、緑は穏やかになり・目の疲れにも良い、だそうです。

次に今日のことばの紹介がY戸さんからありました。今日は立春ということで、新緑、さわやかさをイメージして日本語は「風薫る」、英語は「Getting Better」でした。緑を配した画面共有を出し、文字で判りやすく示してくれました。

続いて、役割紹介として、計時係 Y田さん、文法係、ゲストのY井さん、えーとカウンターH野さん、集計係、I瀬さん、例会レポーターM川がそれぞれの役割を説明しました。

次に準備スピーチのコーナーです。本日は、英語1本、日本語1本でした。

The First speaker was TM TT. The speech title was “The power of mentoring.”
Path: Presentation Mastery Project: Lv2. Introduction to Toastmasters Mentoring
TM CTa talked about the values of TM’s mentoring system and effective methods she thinks.

Her speech has started with her nervous feeling conveying at the beginning of her speech.
It seems that she would want to insist that overcoming nervousness is one of the most important things for public speeches, especially for new members. In her speech, she introduced the experience of her TM activities. Her mentor is TM MNa. According to her speech, she explained that TM MNa’s mentoring was greatly helpful for her and was a model of an excellent mentor. During her experience, she found many important things for mentoring. One is two-way communications. TM MNa gave her timely advice for overcoming not only nervousness at the icebreaker speech but also concern about taking a first offer role. Another point was to highlight achievements. TM MNa gave her feedback about what she had achieved and then what she should address at her next step. She said she could learn her own skills and move forward. So, she stressed that finding and highlighting achievements is an important key to mentoring.

She wrapped up her speech by encouraging members to make speeches about members’ support so as to find other aspects of mentoring.
What a wonderful experience and advice for the mentoring she made!

2番目のスピーカーは日本橋TMCの会長 T橋さん、当クラブへは2回目の参加です。
タイトルは PEP TALK 、プロジェクトはレベル1、Evaluation and Feedback。
パワーポイントを用いて、築地本願寺向けてオンラインで「ありがたい講和」をするための練習との位置づけでした。

まず、PEP TALKとは何かについて説明がありました。PEP TALKとは、アメリカのスポーツから始まったもので、試合直前にコーチや監督から選手に行う激励のための1~2分のショートトークだそうです。実例として、大坂なおみに対してテニスの試合前にサーシュコーチが話をしている写真を示してくれました。次にPEP TALKの方法について説明がありました。アメリカでは、コーチは教えるだけでなく、言葉の力で選手が確実に勝つよう指導することが求められているとのことで、その言葉はただ励ますだけでなく、テクニックがありそれが脳科学と心理学に基づくものだそうです。脳科学については梅干しの写真を示し説明するだけで口の中が酸っぱくなる例を、心理学では「笑顔になろうよ」の表情や言い方が受け止める選手の心理に反映されることを例とした説明がありました。

一番簡単なPEP TALKは何か?それは「ありがとう」という言葉だそうです。関係が近くなる程、言わなくなる。それはやって当たり前の心理になるからだそうで、その積み重ねが関係をぎすぎすしたものにしていくとのことです。PEP TALKを職場で、家庭で「ありがとう」から始めてみませんか、というメッセージで終わりました。
確かに、やって当たり前となり「ありがとう」を言う回数は減ってきているのでは、と考えさせられました。

次はテーブルトピックスのコーナーでした。英語で行われました。
Table Topics Master was TM EYo. Questions were given about current livings related to the state of emergency in the coronavirus spreading.

1. What do/did you want to clean up at home?
TM TMi, she answered that she wanted to clean the kitchen.

2. Do you like cooking? If so, what is favorite food?
TM SAb, he talked about Chinese medicine cooking, especially, the use of oil.

3. Which do you prefer to use a dryer machine or dry under the sun?
Guest Mr. Sa, he explained that he was anxious about the use of dry machine because its electric bills were costly.

4. What food do you buy frequently?
Guest TM KYa, she buys snacks frequently such as rice crackers and cookies.

5. If you can receive 300,000 yen per month from the government, will you quit your job?
TM NI, he answered that he wouldn’t quit his job because he thought that he liked to achieve many things in his job.

6. Please tell me the best walking course for you?
TM KMi, He answered that the best walking course was the road along the river near his house.

続いて、M野さんの司会で論評セッションに入りました。
まずは英語から始まりました。

Just after TM NSu started an evaluation speech for TM CTa, a door chime rang that notified someone came to her house. She was forced to leave the session. She returned to the meeting soon, but she appeared upset.

そこで、M野さんはNSuさんに落ち着いてもらうために、日本語の論評を先にしてもらうことにしました。なんと素晴らしい機転の利かしようでしょう。
日本語ピーチをされたT橋さんへの論評をT青さんが行いました。良い点3つと改善点3つ。良い点は1)PETTALKで一貫させたところ、2)構成が良かった。3部構成でかつ最後に簡単な例でPEP TALKを勧めたところ、3)大阪なおみや梅干しなどの例が日本人にとりわかりやすかった、という点があげられました。改善提案は1)スライドをフルスクリーンのほうがよかった、2)「らしいです」との表現を変えてみる、3)オンラインカメラに対しての表情をより豊かにする、ところでした。いずれも誰にでも参考になる論評でした。

Next, TM NSu gave an evaluation for TM CTa’s Speech. First, TM NSu explained how TM CTa’s speech was great. 1) The opening was very smooth. 2) She focused on what we already achieved for mentoring, not what we didn’t achieve. 3) Her speech was full of love to mentor TM MNa. Finally, TM NSu hoped that TM CTa should be more confident in her speeches in accordance with her great performance.

次はM野さんが総合論評です。
今日のことば報告がYaさんからあり、4名の方が協調して使われたとの報告がありました。文法係のY井さんから良かった表現としてgrowth up, ありがとう、体に良いメディサインクックが上げられました。えーとカウンターから皆さん2回程度でした。計時係から論評中に来客が来たときに、対応を皆でサポートしあった点がよかったとの報告があった。

M野さんからの総合論評としては、会長のY澤さん司会のテーブルトピックスでは内容濃く行われ質の高いものになったたこと、論評では雑談時間にでた「私の意見はこうです」といって伝えることが大切との話を、さっそくTA木さんがT橋さんの論評に取り入れた点が素晴らしかったこと、NSuさんがCTaさんのスピーチがMNaさんへのラブレターである、といった表現がとてもよかったとのことでした。

次にお待ちかねの表彰式があり
ベストテーブルトピックス賞は、ゲストのSaさん、ベスト論評賞はTA木さん、ベストスピーカー賞はゲストのT橋さんでした。

ゲストの3人が大活躍で、TMOMのN秋さんのカラーを取り入れる準備と例会での取り回しが機敏で、本日もすばらしい例会となりました。