第233回サザンビーチトーストマスターズ例会(4/4/2020)

4/4(土)引き続き、公共施設が使えないため、Zoomによるオンライン例会となりました。

皆さん、早めに接続してきたので、Aさんのコンテスト対策などを中心に和やかに雑談。

10:00には、会長のYさんによりスタートして、4/19, 4/26 のオンラインコンテストの案内。

その後は、本日のトーストマスターのNさんにバトンタッチ。
大変な状況ですが、生きているだけでも丸儲けだと思って、前向きにやっていきましょう、と挨拶。

今日の言葉は、Nさんより、「溌剌(はつらつ)」, Liveliness, Lively, Vivid
溌剌としていた過去の自分を思い出して、この状況を乗り切りましょう、とのご紹介。
準備スピーチ1本目は、Mさんによる「百年前の日本人」

今から100年前の 1918~1920年に世界を襲ったスペイン風邪の流行で、人口の3割が感染して、2~5%が死亡した話を紹介。
当時も、マスク、手洗い、集会禁止、患者の隔離などの対策をおこない、2年ほどで集団免疫の会得により収束したとのこと。

結局のところ、100年前も今も対策としてやれることはあまり変わらない。
しかし、医療は進歩して、当時はわからなかったウイルスの存在も特定できていて、色々な情報もネットでリアルタイムで得られる。
ウイルスの恐怖に慄きつつも、我々は確実に進歩していて乗り越えられるでしょう、との由。

準備スピーチ2本目は、Yさんによる “Leading The Club”

トーストマスターズのマニュアルのリーダーシップスタイルについての枠組みの中で、
クラブを率いるリーダーシップスタイルとは?
革新的(Inovative)なリーダシップ vs 民主的(Democrative)なリーダシップとは?
心理的安全性 (phycoloical safety)とは?
などなどリーダシップ論が展開されました。

準備スピーチ3本目は、Yさんによる”Travel Report”
出張先での、ミラノのドゥオモ大聖堂、各国な食事などについて、向うで撮影した写真と共に溌剌とユーモラスに話してくれました。

日本語テーブルトピックマスターは、Nさん

Q:桜に関する楽しい思い出は?
A:平日にしかやっていない美味しい和菓子屋さんで桜餅を食べたこと(Mさん)

Q:入学式や卒業式の楽しい思い出は?
A:当時は学校が荒れていて卒業式でも事件があって大変だったが、校庭の桜がとてもきれいだった(Aさん)
Q:オンライン例会をもっと面白くするには?
A:皆の顔を一斉に見れるのはオンラインならではだし、プレゼン資料の画面共有も便利。
せっかくなのでホワイトボードを使って、皆で即興でお絵かき対決をしたりするのはどうか?(Iさん)

Q:恐竜についての思い出は?
A:子供の頃に夢中で恐竜図鑑を読んだが、後年、かなり学説が変わった。昔教わったことは、案外違っていることも多い(Yさん)

後半の英語テーブルトピックマスターは、Tさん

Q: An apple a day keep doctor away. Please tell your tips to make your health better.
A: 苺や果物などヘルシーな食べ物、Zoom座禅など(Nさん)
Q:Tell your tips to maintain your productivity.
good for maintaining bamental health.
Share us your ritual, daily routine.
A: 朝、早く起きること、規則的にネットゲームをすること(Hさん)
Q: Piano in station and in airport.(駅ピアノ、空港ピアノ)
Please tell us what you inspired by.
A: ホログラムやショートムービー(Mさん)
テーブルトピック最優秀賞は、桜餅の話をしたMさん
論評最優秀賞は、Mさんのスペイン風邪スピーチを論評したAさん
スピーチ最優秀賞は、Yさん、Yさんの同点W受賞でした。

15名ものメンバーが参加してくださり、例会前後の雑談タイムも盛り上がりました。

このまま当面は、オンライン例会が続くかと思いますが、
会場費や印刷費がいらないので財政的には助かりますね、とか、
例会とは別に、Zoom宴会を一度してみましょう、とか、
他のクラブのオンライン例会にも皆で参加してみましょう、とか、
前向きなコメントも多く、外出自粛の中での、楽しい会となりました。

image