第227回サザンビーチトーストマスターズ例会(12/21/2019)

20191221 227回例会

227th Regular meeting on 2019/12/21@茅ヶ崎市民ギャラリー A&B

今回は熱海湯河原バイリンガルTMCからTM Iさん、TM Kさんの2名がゲストとして参加されました。
熱海湯河原バイリンガルTMCは年明けにチャーター祝賀会を開催されるとのことで、この度素敵なご招待状も頂きました。
おめでとうございます!!

まずは日本語の部からの例会スタートです。
今日の言葉はTM Y会長より「まず」「第一に」など始まりを示す言葉、というものでした。
参加された皆さんはスタートを表すいろいろな言い方を考えて使っていました。

スピーチ1本目はTM Hさんの自己紹介スピーチ(アイスブレーカー)でした。
幼少期から本に親しみ、習字、スポーツ、ボランティアガイド、国際親善etc.
多才かつ様々の活動に積極的に参加されていて、美術や歴史にも興味を持って学芸員の資格も取られたとのこと。すごい!
ご本人の物静かな印象とはまた違ったアクティブな一面を知ることが出来ました。

2番目の日本語スピーチはTM Tさんの「空白を満たしなさい」という、本のタイトルから取られた興味深いテーマでした。
簡潔な本の内容紹介に続き、ご自分が前回読んだときは途中でやめたのが今回はすんなり読めた、この違いは何かを探していく様子、その模索によって自分なりに得たもの・・・アドリブやジェスチャーも加わり体を動かしながらの生き生きとしたスピーチをされていました。

日本語テーブルトピックスはTM Sさんがご担当。
今年一年を振り返り来年につながる内容でお題を出して頂きました。
「今年最も興味を持った国は?」→TM Iさん:今年旅行で行ったUSA
「自分のなかで今年流行ったこと」→ゲストTM Kさん:ハーバリウム作り
「あなたにとっての今年の漢字」
→ゲストTM Iさん:熱海湯河原TMC立ち上げ経験から「動」
「来年あなたがやってみたいこと」→TM W:今年出来なかった筋力トレーニング
皆さんのそれぞれの一年を一部垣間見ることが出来たテーブルトピックスでした。

次はスピーチ論評のプログラムです。
1つ目はTM YさんがアイスブレーカーをされたTM Hさんに対して。
よどみなく分かりやすいスピーチだったこと、昔2匹の猫を飼っていたが2匹とも逃げてしまった、というようなところどころに小さな笑いがちりばめられた素敵なスピーチだったことを挙げられていました。

論評2つ目はTM MさんがTM Tさんに対して。
黄色カードを出しているのに更に話を延ばしたその勇気、且つきちんと時間内にまとめ上げたところがスバラシイ!とのコメント。
話の締めくくり方もトーストマスターズの皆に役立つような内容を持ってきて、聴衆にとっても有意義なスピーチだったことを挙げられていました。

日本語セッションの締めくくりでは計時係のTM Aさんより、テーブルトピックスでのコメントについて、持ち時間をめいっぱい使って話をするコツをアドバイスして頂きました。最初に多くの内容を言っておいて後で時間を見ながら内容を削るというテクニック、難易度高!ですが勉強になります。

日本語の部のレポートは以上です。