第203回サザンビーチトーストマスターズ例会(1/19/2019)

第203回例会は、湘南トーストマスターズクラブ(以下、湘南)、藤沢バイリンガルトーストマスターズクラブ(以下、藤沢B)との3クラブ合同例会

総勢50名程度の大規模な例会でした。

 

前半は日本語、後半は英語の2部制で実施されました。

 

まず、われらがサザンビーチのA木副会長による素晴らしいモチベーションを上げるような開会宣言が行われました。

 

日本語の部のTMODは、藤沢BのA井さん

A井さん紹介により、各役割の紹介が以下の通りありました。

まず、今日の言葉は、サザンビーチのN村さん、紹介のあった言葉は「ありのまま」

計時係は湘南のU田さん

えーとカウンタは藤沢BのK尾さん

文法係はサザンビーチのT部さん

集計係は湘南のO井さん

 

スピーチセッションの始まりは、ジョークマスターによる笑いありの盛り上げスピーチから

日本語のジョークマスターは、藤沢BのG藤さん

とても愉快で、楽しく、皆さんを笑いの渦に巻き込むような素晴らしいスピーチでした。

 

準備スピーカーは全部で3名

1人目はサザンビーチのM田さん、タイトルは「君のことが気になる」

会社のお昼時間帯に行われる女子会で話した内容がすぐに会社に広がってしまうので、とても恐ろしい…という話ながらも、その女子会で江ノ島水族館で30歳にして芸を始めたイルカくんの情報を得た彼女は、そのイルカがとても気になってしょうがない、という可愛らしい「ありのまま」のスピーチでした。

 

2人目は湘南のS根さん、タイトルは「江ノ島縁起 五頭龍と天女様」

実際にある民話を彼女独自の語り口で、臨場感のあるスピーチとなっていました。まるで浄瑠璃のような台詞回しは必見です。

 

3人目は藤沢BのKさん、タイトルは「それはブロックのBですか?」

人の聴覚は意外といい加減でよく聞き間違いを起こすということを自身の体験と最先端の論文の情報の両面から裏付けるという高度あつ愉快なスピーチでした。さらに聞き間違いを防ぐための具体的かつ科学的なテクニックを紹介されていて、とても聴衆のためになるスピーチを行っていました。

 

テーブルトピックセッションは、言語が入れ替わり英語で行われました。テーブルトピックマスターは、湘南のH田さん

  1. What is your resolution for the first half of the year? -> TM. K answered
  2. What is your best memory in Heisei? -> TM. H answered
  3. What is your best investment for upcoming 30 years? -> TM. O answered

 

論評の部は、3名それぞれのスピーチに対して個々の論評が行われました。

M田さんに対する論評を藤沢BのY浅さん

S根さんに対する論評をサザンビーチのS木さん

Kさんに対する論評を湘南のK子さん

 

総合論評は、サザンビーチのN井さん

各役割による報告があったのち、総合論評が行われました。

 

そして、皆さん興奮の時、最優秀賞の発表です。

最優秀賞テーブルトピックスピーカーは、TM.K

最優秀賞論評者は、Y浅さん

最優秀賞スピーカーは、Kさん

となりました。

 

少し時間が押していたものの前半の日本語の部は盛況のうちに終了しました。

 

The second part is English session.

 

The Toastmaster of the day was conducted by TM E.M from Shonan.

 

First, he introduced each role taker.

The word of the day was announced by TM Y.T from Fujisawa B, she opened “Satisfy or satisfying” as the word of the day.

Timer was TM E.Y from Southern Beach.

Ah-counter was TM Y.U from Shonan.

Grammarian was TM N.N from Shonan.

Tally counter was TM K.F from Southern Beach.

 

Same as the Japanese session, the joke master who put the session on our feet with variety of laugh was assigned to TM M.I. She told her unbelievable luxurious story with lots of humors. She succeeded to laugh us all.

 

There were 2 of prepared speakers.

The first speaker was TM S.Y from Southern Beach, the title was “Enjoy the Change”.

He spoke of his transfer to Kanagawa 3 years ago. He had a lot of difficult situations but he could enjoy it. And now the changes are his spice of his live.

 

The second speaker was TM T.U form Shonan, the title was “Introduction of Diversity and Inclusion”.

He insisted that diversity and inclusion is inevitable for now and upcoming future, he illustrated the his point by multiple resources. His speech was enough persuasive.

 

As well as the first session, the table topic was done in Japanese. The table topic session was managed by TM S.A from Southern Beach.

  1. 「正月、〇〇しすぎた」エピソードを紹介してください -> Y戸さん
  2. 「〇〇は裏切らない」ストーリーを教えてください。-> T原さん
  3. あなたにとっての「世紀の対決」を教えてください。-> I嵐さん

 

3 of evaluators evaluated each prepared speaker.

TM H.S from Fujisawa B evaluated TM S.Y’s speech.

TM T.A from Southern Beach evaluated TM T.U’s speech.

 

The General evaluation was hosted by TM A.M from Shonan.

Each role taker reported the session by their original style.

 

And the most exiting time had come, the award presentation.

The best table topic speaker was I嵐さん.

The best evaluator was TM T.A.

The best prepared speaker was TM T.U.

 

The meeting was so excited then the meeting time was exceeded, but overall meeting was managed smoothly and we all enjoyed the joint meeting very well.

I expect the joint meeting will success in the next occasion as well as this meeting! I’m looking forward to the next meeting!

広告