第200回サザンビーチトーストマスターズ例会(12/8/2018)

サザンビーチトーストマスターズクラブ200回記念例会

 

まず最初に、副会長のA木さんからあいさつがありました。

続いて、TMOMのN秋さんにバトンタッチ。

ヘルパーは計時係Y田さん、文法係H野さん、えーとカウンターはT部さん、集計係はA部さん、

例会レポーターはY中でした。

次に、サザンビーチトーストマスターズクラブの歴史について当時の会長からスローガンを話していただけるというコーナーがありました。

その前にクイズがあり、

Q1:サザンビーチトーストマスターズクラブのイメージカラーは青ですが、○○ブルーでしょうか?

A1:コバルトブルー

 

Q2:サザンビーチトーストマスターズクラブはいつから始まったか?

A2:2011年7月

 

Q3:初めての今日のことわざは?

A3:早起きは三文の徳

その後、当時の会長からスローガンの紹介と当時の様子をスピーチがありました。

 

続いて準備スピーチの部に入ります。

 

1人目のスピーカーはAさん

タイトルは「A proposal to improve street sign」

海外での運転、日本の畝店について経験があるか聴衆への問いかけから始まり、

その後、海外イギリスやアメリカでの行き止まりの標識を紹介しました。

そして、日本では行き止まりについてのはっきりとした標識がないため、

運転しているとイライラすることがあるため、日本でも行き止まりの標識があるほうがいい

という提言をしていました。

 

2人目のスピーカーはO江さん。

タイトルは「マリー&ツバサ」

サザンビーチトーストマスターズクラブを長年支えている2人のメンバーについてのスピーチでした。

 

その後、

5センテンススピーチという5つの文章でスピーチをするというコーナーがあり、みなさんを

スピーチしました。

また、200、記念日、思い出、節目、お祝い、歴史、長年という単語をできるだけ使用して

5センテンススピーチをしました。

その後論評の部に移り、

総合論評のN村さんでした。

論評者はY澤さん、三島のM田さんが担当しました。

そして、N村さんか総合論評をしました。

 

その後、表彰では

ベストスピーカーがAさんとO江さん

ベスト論評者は三島TMCのM田さん

ベスト5センテンススピーカー相はA木さん

ベストブルー賞は神奈川TMCのS水さん

でした。

 

200回という節目の例会ということで

多くのゲストに来ていただきとても賑やかな例会になりました。

広告