第181回サザンビーチトーストマスターズ例会(3/31/2018)

本日はゲストさん5名の方も参加される中、N村会長による挨拶から開会しました。

『4月は新入社員が入社する時期ですが、最近の新入社員の方々は人前で話すことをいとわない方が多いそうです。彼らに負けないように我々も頑張りましょう。』という興味深いお話でした。

前半の部では、H野さんによる“今日の言葉”は、平昌オリンピックでのカーリング女子の間で使われ、一躍話題になった『そだねー』というかわいらしい言葉でした。会を通じてたくさん使われ、ほっこりした雰囲気になりました。

準備スピーチでは、お一人目M田さんによる“We will reconsider”では、スマートフォンに依存傾向にある妹さんを心配し、妹さん思いの愛情が深く感じられました。お二人目はO澤さんによる『そろそろ“近頃の若者は”と言ってみようか!』では、足して80歳の人間関係を提唱するもので、面白い中に学びのあるスピーチでした。

テーブルトピックではY戸さんによる『スマートフォンを子どもに使わせるか否か』、『印象に残る年齢差のある友人・知人』、『おススメのお花見スポット』という本日に相応しいお題でした。ゲストの方々が見事にご回答されていました。IMG_2199

準備スピーチに対する論評では、N井さんはエネルギッシュに、N村会長は優しさに溢れて、いずれも丁寧に行われていました。IMG_2204

後半の部では、N秋さんによるClub Power Up Project(CPUP)の中間報告が行われました。クラブの運営効率化や活性化、また内容の充実を図るために、できる範囲で自主的に取り組んでいくこととなりました。

表彰のあと、ゲストの方々からお一人ずつ一言をいただき、閉会となりました。

広告