第171回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(11/11/2017)(作成中、現在写真のみ)

日本語セッションの報告(by TM M川)
今日は和室での座っての例会になりました。10時にスタートしました。今日は日本語セッションからスタートです。まずN村会長の挨拶からです。全国大会に参加して感激したエピソードの話がありました。

TMOM(今朝のトーストマスター)はA木さんが担当です。
“全国大会に参加しての印象を崩壊戴きました。ダレンテイさんの基調講演がとても印象深く
スピーチの結論は4つに分けて入れると良いとの話の紹介がありました。Happiness, Purpose, Freedom, Prosperityの4つを入れること、Difficulty を早めに入れることで人を引き付けるスピーチになるとのお話でした。”

Word of the Day(今日の言葉)の担当はY戸さん。

2017年11月11日、10時10分32秒

年末の流行語大賞の話に触れ、ワクワクする言葉として、プレミアムフライデイがあり、日のまだ高いうちに帰っていいよと言われたい、とのことでという理由で「プレミアム」を選んでくれました。

次に各サポーターの役割説明がありました。


Grammarian(文法係)はS紀さん、Timer(計時係)はN村さん、Vote counter(集計係)はAlbさん、Ah counter(えーとカウンタ)はS紀です。
皆さん自分の言葉で説明していました。S紀さんは素敵な表現を見つけて、スピーチが「プレミアム」なものになるようサポートしたい、ととても印象深い説明をされました。

いよいよ準備スピーチの時間です。今日は日本語1本です。2017年11月11日、10時19分46秒
スピーカーは H井さん。スピーチは12月に開催される神奈川新人戦のスピーチを行いました。タイトルは「私が変わってあなたが変わる」。
息子さんが自己主張が強く反発が強いことで苦労していたが、アドラー哲学と出会い考え方がわり、がみがみ言っていた自分が勇気づける言葉を掛けられる自分に変わって、息子さんも変わったとのお話しでした。メッセージとして、大切な人との人間関係で悩むことがあったら、まず自分が変わってみようと考えてみてくださいとの事でした。子供の頃、おばあさんに言われた「のぶちゃんといっしょにいて極楽だ」との自分の体験を思い出し、そして自分が息子さんに言えるようになったことの喜びを感じ、そして聴衆の方にもそのことを感じてもらえれば嬉しい、という想いが伝わるスピーチでした。

ショートブレークの後、論評の時間です。General Evaluator(論評司会)はTM M川です。
H井さんのスピーチに対する論評はS好さんです。

今回は、新人戦に向けての練習の位置づけながら本番のように素晴らしかった、との第一印象に続き、良い点を3つ上げられました。1)判りやすく、人間関係というすべての人に共通する課題で、聴衆すべての方に有益であった。2)構成が、序論、本論、結論としっかりしていた、3)話し方が、おばあさんの言葉が自然であり、いつものように落ち着いて穏やかな話しぶりで好きですとのことでした。改善点はもう少し谷あり山ありとして、盛り上がりの山を高くするとさらによくなるとのことでした。最後に良かった点を繰り返し今後の期待も入れてとても共感のもてる、基本に忠実なサンドイッチ論評でした。スピーカーを勇気づけるとても素晴らしい内容と思います。

次に、H井さんへの「新人戦応援タイム」ということでA木さん司会による、参加者からの、聴いた印象、コメント、アドバイスが出されました。大げさにしなくてもこのままが好き、というコメントもありました。

次は総合論評セッションがTM M川からありました。


まずはレポートタイムで、今日の言葉は、Y戸さんより報告があり、A木さん、S紀さんかがたくさん使っていただいたとの報告がありました。文法係、えーとカウンターは、S紀さんからの報告があり、本人には気づかない癖レベルのところまで指摘があり、詞的を受けたスピーカーにとってはよい学びとなる内容でした。


さらに、前半全体を通しての総合論評が行われ、充実した内容であったとのコメントがなされました。
前半の日本語セッションはアジェンダ通り10時55分に終了しました。

 

広告