第170回サザンビーチトーストマスターズ例会(10/21/2017)

Meeting Report of  English Session by TM C.T. (New!)

Mtg started on time with President N’s greeting. He also served as today’s TMOM (Toastaster of the Morning, today’s MC).

We had 15 members including 2 guests from other Toastmasters club.

Word of the day was ‘Ducky’ by TM Al. introduced by TM N.S. instead.
It means cute, wonderful, and excellent. We tried to use this word as much as possible.

We had 1English prepared speech. TM Y.S. made a speech, ‘I like sashimi. It’s based on her experience of diving. She developed the speech with imagination, like tall tales. Her colorful vocal varieties during the speech really succeeded in entertaining us.

Then moved to table topic session. TM Mik. was served as a topicmaster. She picked up 4 topics related to rainy weekend. These were suitable for the day. ( A big typhoon approached at that moment.)

Evaluation session (that is feedback toward entire the meeting) was conducted by TM N.S. Y made evaluation on TM YS’s speech. It was useful and encouraging. TM N.S. made general evaluation on English session.

第170回の通常例会の後半は日本語の部(by Y. S)

NaYさんがTMOM(今日のトーストマスター)でした。

先日入会されたばかりの MiMさんが、今日の言葉を担当しました。
「それこそ」。

話し上手な方の口癖だそうです。
この言葉を使うと、話を盛り立て、人を惹きつけられる とのことでした。

次に役割紹介がありました。
計時係 MiTさん、文法係 TaCさん、えーとカウンター YaSさん、集計係 KaMさん、例会レポーター SuYでした。

準備スピーチは2つ。
MiKさんによるACスピーチ、題は「75600円の価値」。体の不調の話とPC磁気ヘッドの不調をリンクさせ、オリジナルストーリーを展開しました。

Hard Diskだけでもキープし、Dataだけでも取り出すには、75600円かかるとのこと。
高いか安いか、問いかけていました。バックアップだけは取っておきましょう、と締めくくりました。

次はOzYさんによるCCスピーチ、題は「妄想族 夢s迦無闘琉」。
「もうそうぞく Dreams Come True」と読みます。
Admirable Listを作成し、Wish Listを作成していると、妄想族の会からスカウトがやってくる。

入会して、毎日楽しく色んなことを妄想して、一歩踏み出そう、という、人を元気にさせるスピーチでした。

テーブルトピックスはNaYさんが話題を提供してくれました。

「体調管理はどのように?」に対して、MiTさんは、十分な睡眠と甘いドリンクとビタミンCの摂取、とお話しをされました。
「今秋挑戦したことは?」に対して、KaMさんは、本とトーストマスターズと話されました。
「飲むとき気を付けていることは?」に対して、Murさん(三島TMC)のスピーチは、飲み過ぎないことと自力帰宅でした。
「今年の目標でやり残したことは?」に対して、TaCさんの答えは、どんぶり勘定脱却、とのことでした。

論評の部では、SuNさんがMiKさんへの論評を、Ikeさん(小田原TMC)がOzYさんへの論評をしました。

SuNさんは、「体の話と思いきや実はPCの話で、おちが面白い。
落ちととして面白いが気付くのに少し時間が掛かってしまったかもしれない。」と論評しました。

Ikeさんは、「聞き手を前向きにさせるスピーチで、自分も何かに挑戦したくなった。
修辞的表現のタイトルで、どんな話なのだろうと分かるまでに少しの時間かかったので、最初から説明してもいいかもしれない。」と論評しました。

総合論評はAoTさんでした。すべてをつつがなく論評しました。

ゲストのお2人からコメントをいただきました。
Ikeさん、Murさん、有難うございました。又のお越しを楽しみにしております。

NaYさんが閉会を宣言し、出欠率の高い楽しい充実した例会を終了しました。

 

 

 

 

 

English Session

 

 

 

 

 

 

広告