第147回サザンビーチトーストマスターズクラブ例会(12/17/2016)

~日本語セッション~
サザンビーチトーストマスターズの
147回例会はいつもより30分早く9:30に開始されました。なぜって、今日の午後は神奈川県新人戦が行われるのです。

三島クラブからの3名の美しいゲストを迎えY会長の開会宣言の声も上ずりがち。今日は引き続きYさんが総合司会を務めます。今日の言葉は「振り返り」一年を締めくくるのにふさわしい言葉をHさんが紹介してくれました。

役割紹介の後早速今日の準備スピーチ。日本語は1本だけです。Nさんが新人戦の最終リハーサルスピーチを披露してくれました。タイトルは「男塾」。Nさんらしい勢いの源と、それを支えてくれた仲間の大切さを感じさせるスピーチとなりました。

即興力を鍛えるテーブルトピックセッションでは、Tさんが「接続詞トランプ(カタルタ)」という秘密兵器を投入。スピーチの合間に「そういう訳で」「だからと言って」「おまけに」「偶然にも」などの接続詞の書かれたカードを選ばせ、自由自在に操るマジシャンのようにスピーカーを翻弄しました。1日があと何時間欲しいか、2時間減ったらどうするか、本日の新人戦の抱負などのお題も楽しめました。

論評セッションの進行はTさん。Nさんへの論評はSさん。昨年当クラブの代表として新人戦に出場した経験を踏まえNさんへの暖かいアドバイスを贈られました。文法報告では『晒け出す』『支え』などピリリと心に残る表現をSさんがきちんと拾い上げられていました。

なお、本日の新人戦でNさんは見事3位入賞。最終リハが効いたのは間違いないですね。おめでとうございます。

~English Session~
Held a regular meeting with many active members including guests.

I joined it for the first time in 3 or 4 months and found each speaker tried to make a gesture to express their own episode and evaluation more proactive than before.

As Word of the day, some kinds of English sentence such as “I’m rooting for you” given by TM S.

In prepared speech, three speakers, TM Y.S, TM R.S and TM N made a presentation about past funny and weird expriences.

 

広告