第144回 サザンビーチTMC例会

すっかり寒くなってきた今日この頃、
茅ヶ崎駅に隣接した市民ギャラリー3階の会議室にて、
サザンビーチトーストマスターズクラブの第134回目の例会が開催されましたので、
簡単にレポートさせていただきます。
いつも通り、会長からの開始挨拶、会員のNさんご出産、Mさん定年退職のご報告、
ゲストご紹介(2名ご来場!)などを経て、本日のTMOM(司会進行)にバトンタッチ。
本日のTMOMは、各種イベント、他クラブ訪問など積極的に活動されている、期待の若手Nさん。
意外にも、TMOMは今回初めてとのことですが、初々しく明るい雰囲気で進行していただきました。
今日の言葉は、Oさんによる「変化・変わり目」
秋から冬に移り変わる時節にふさわしいお題でした。
1つめのスピーチは、Hさんによる「我が家のバルコニー」
ご自宅に素敵なバルコニーを作るにあたって、どのような点に心を砕いたのか、
コストのリサーチ、部材の耐久性、空間造りの工夫などなど、
スライドやプリントを駆使して、実体験に基づいたバルコニー論を展開していただきました。
構成がしっかりしていてとても分かりやすく、かつ具体的な内容だったので、
より低コストで、より快適に使うためには?というメッセージがしっかり
伝わってきました。工夫の大切さと楽しさを共感できたスピーチでした。
2つ目のスピーチは、ゲストのSさんによる「夏の想い出」
ちょっぴりほろ苦い若き日の想い出を、ユーモラスに、ラジオドラマの如く、語っていただきました。
想いを行動に移すことの大切さ、くじけそうなときにも立ち止まらず次に進まなきゃ、という
メッセージが良く伝わってきました。
続いては、SYさんによるテーブルトピック(即興スピーチ)。
本日のお題は、以下の3つ。
・ハロウィーンの仮装をするとすれば、どんな格好?
・「私、損しているわ~」と思うこと
・子供から、「僕、人気者になりたけど、どうしたらいいの?」と聞かれたら?
さて、皆さんなら、どんな回答をされるでしょうか?
ここまで、準備スピーチ2本、即興スピーチ3本が終わったところで、論評の部へ。
本日の論評司会はSNさん。
MKさん、Tさんによる準備スピーチについての論評(アドバイス)、
MAさんによる文法係(心に残った言葉)Hさんによる、え~とカウンター(話している最中の、えー、あー、などの回数チェック)
等々のフィードバックが行われました。
広告