第130回 例会レポート 5/7/2016

第130回例会はゴールデンウィーク中の5月7日に開催されました☆

会長代行でVPEのN井さんが挨拶、そしてTMOMを抜群の安定感ある司会っぷりで努めてくれました。 スピーカーに事前にインタビューして「有名人と1週間一緒に過ごすとしたら誰と過ごしたいか?何故?」を紹介していました!
日本語の部の開始です。
今日の言葉はM本さんで「彩り」花や緑が美しい季節にぴったりの言葉です。
日本語準備スピーチはS木さん。「蛾地獄へようこそ」のタイトルで、Moth(蛾)というヨットについてVisual Aidのキレイなプレゼン資料を駆使して、分かり易く、そして面白可笑しく説明してくれました。海の上を飛ぶようにさっそうと時速60KMで走るMothヨットに魅惑されるスピーチでした。5月末の世界選手権@葉山行ってみたいですね〜。
ちなみに、S木さん紹介の際にN井さんが紹介してくれた、S木さんが一緒に過ごしたい人は、「村上春樹」とのこと。
テーブルトピックマスターはT山さん。これまたVisual Aidを駆使して、色々なキャラクターが登場するお題でした。途中4歳のお子さんをおぶっての説明シーンもありましたがとても微笑ましかったです。
T山さんが、三島由紀夫に似ているということで、「似ている人は誰?」
「印象的な喫茶店は?」の質問に対しては、初参加のゲストTさんが人々が自然と集まるコミュニティになっている喫茶店について説明してくれました。
他は、「ダースベーダーのような力があったらどうする?「ひみつのあっこちゃんのコンパクトで誰かに変身出来るとしたらどうする?」などなど。
面白い話題に各トピックスピーカーは試行を凝らしてスピーチしていました。
次は論評の部です。
S木さんへの論評はY戸さん。S木さんのスピーチが200点満点であったことを表現力巧みに論評してくれました。改善点は今回のプロジェクトに相応しくよりVisualを駆使してプレゼンを分かり易くするためには?の具体的指摘をしていました。
日本語の部は、リラックスした雰囲気で話題が盛り沢山の例会となりました。
広告