第64回例会レポート

サザンビーチTMC 第64回例会記録

本日は会長のM川さん不在のためVPEのT部さんより開会の挨拶がありました。

■日本語の部
TMOMはN井さんが担当しました。
オープニングでの掴みのトークが非常にうまかったです。
スピーカーに対するコメントがとても暖かく印象的でした。
時間に関してもきっちりコントロールされていました。

今日の言葉はゲストのKさん
「寒い」という言葉を選ばれました。
寒いには温度的な寒さと、スベったという意味での寒いの2パターンあるんですね。
今日の例会で思い出しましたww

ヘルパー紹介では皆さんコンパクトかつ要点を絞った説明で
タイムコントロールに貢献してくださいました。

<準備スピーチ>
�S村さん
CC#8「中庸」
S村さんが感じている「中庸」の大切さを素敵なマテリアルと多くの具体例でもって
説明されました。船に貨物を積む際に片側に寄った場合、船全体が傾く事を例に挙げて
それが個人の主張が意見や考えが一方に極端に寄っている場合に似ていると説明。
仮に片側に寄った意見を持っている場合でも、反対意見にも耳を傾けてその主張を理解する事で
周囲が見えなくなる「狂信」の状態を回避する事ができ、物事を冷静に見ることができる。

�Y浅さん
ACドラマティックトーク#4「恵み」
娘さんの結婚や出産のお話しの中から「命の大切さ」がメッセージとして伝わりました。
娘の本当の母親が迎えに来てくれるというふとした一言から
子は親を選ぶ事は出来ないが親もまた子を選ぶ事は出来ないなと思っていたが
牧師の「子どもは恵み」という一言につきものが落ちたような気分になった。
子どもの命は恵みであり、その命には夢や希望の種が詰まっている。
小説を読んでいるような美しい表現が多く、温かみのあるY浅さんらしいスピーチでした。

<論評の部>
�A部さん→S村さん
良い点:中庸の例えに船の傾きを利用した事など
提案:結論、主張をもっとはっきりさせる

�S木さん→Y浅さん
良い点:ストーリーが特徴的である点、セリフ等の表現

■英語の部

TMOMは日本語に引き続きN井さんが担当。

Word of the morning は新入会のH野さんが担当。
「Terrific」という言葉を選ばれました。

<Prepared Speech>
�H川さん
CC#3 Get to the point
傘を無くす事が多く、一ヶ月に3本はコンビニで傘を買ってしまうというH川さん。
改善策を求めYa○oo知恵袋を見た所、高級な傘を買えば忘れなくなるという
アドバイスが。早速それを実践し、3000円以上もする傘を購入した所
本当に忘れなくなったそうです。
多くの人が同様の経験をされていると思うので、とても共感できる内容だったと思います。

�M田さん
AC Persuasive Speaking “Knock at her door”
人は皆セールスパーソンである。金銭のやりとりが発生せずとも人は生きてく過程で
他人に何かを提供したり説得する場面がある。そうした時の心得をM田さんが解説した後に
ロープレを通じて解説してくださいました。順番的には1.客を心地よくさせる掴み→
2.客のニーズの把握→3.客のニーズに合うものを提案という風に進んでいきます。
店員役のM田さんはもちろんの事、客役のY戸さんも素晴らしいロープレでした!

< Evaluation >
�Nさん→H川さん
良かった点:簡潔で非常にわかり易い、メモを使用せず堂々としていた。
提案:アイコンタクト、AntsBrainの解説

�K田さん→M田さん
良かった点:スピーチの構成について。事前のインプットを与え、ロープレで例を示し
最後に質疑応答を取った形が良い

< One Point Lesson >
前会長のA木さんが担当。
今回はスピーチを聞くときの作法について、
もう一段上にステップアップするための秘策を教えてくださいました。
タイトルにもある”GEAR”=ギアという言葉が理想の作法の頭文字
(G=Greetings E=Eyecontact A=Applause R=Reaction)
つまり、挨拶・アイコンタクト・拍手・反応をしっかりしようというものです。

自分がスピーチしてる時に全員が下を向いて書き物をしてたら
その人は自分の話がつまらなかったのだろうと思ってしまうかも知れない。
しかし、皆がGEARを実践する事でスピーカーは非常に励まされるので
是非皆で取り入れて行きたいですね。

受賞者発表
ベストテーブルトピックス A木さん
ベスト論評 S木さん
ベストスピーカー Y浅さん
おめでとうございます!!

IMG_2136

広告