第48回例会レポート(2013/04/06)

4月6日に行われた第48回例会のレポートを
日英総合論評のS村さん&N瀬(私)で作成しました♪
S村さん、ありがとうございます♪

本日のTMOMを務めるのはM田さん。なんと今回が初のTMOMとのことですが、 メールでの役割手配の段階から既に初めてとは思えないさばきぶりです。そして、本日は当初来れない予定だった方が多く来てくれました。M田さんによる当日の役割変更もバッチリで、無事皆に役割が行き渡りました。そしていよいよ例会のスタートです!今回は英語からです。なお、本日は4名もの方が見学に来てくださいました。

A木会長による挨拶は前回の日曜日に開催されたエリアコンテストの結果をたたえるものでした。これからもサザンからエリアもしくはそれより上のコンテストでの入賞者を出すべく皆で頑張りましょう!

役割説明では英語にも関わらず各自がそつなく要点を説明していました。例会の質の高さを感じさせます。

今回の準備スピーチ一人目はN秋さん、二人目はH田さんでした。N秋さんは歌を交えながら聴衆を飽きさせないスピーチを、また、h田さんはご両親にまつわるj感動的なスピーチをしてくださいました。趣の全く異なる二つのスピーチにすっかり聞き入ってしまいました。

本日のテーブルトピックマスターはM川さんです。本日はご見学されている方がたくさんいらっしゃることもあり、トピックにはいる前にこのテーブルトピックスがどのようなもので、どういった効果があるのかという点を説明されました。また、トピックは桜にまつわるもので、メンバーそれぞれにとっての春を伺うことができました。

論評の部に移り、一人目の論評者はN秋さんの論評に対するA木会長です。スピーチを細かく分析し、改善点もしっかりとなされていました。二人目の論評者はH田さんに対するN井さんです。N井さんの論評はその内容もさることながら、相手に訴えかけるジェスチャーがとても参考になります。もちろん、的確なアドバイスも欠かしません。

スピーチ・論評者ともベテランの方々ばかりであったため、とって勉強させてもらった英語の部でした。時間もアジェンダ通りに進み、日本語の部へと進みます。

(英語の部 S村さん)
日本語の部のTMOEも引き続きM田さんでした。

日本語の今日の言葉は「上昇気流」、サザンではチャーターセレモニーを目前に控え、プライベートでは結婚されたばかりという、ノリにノッてるS木さんによる紹介でした。

今日のことわざ、A立さんが紹介してくれたのは「人間万事塞翁が馬」。実はこのことわざは1年程前にも別の方が紹介されていたのですが、人が代わるとその意味の受け止めかたや、説明の仕方も違ってくるので、あらためて新鮮な言葉として受け取ることが出来ました。
学びは、一度だけでは終わらないものなんですね♪

準備スピーチはK田さん、過去に参加した”とある塾”での体験を、上級マニュアルに基づいた20分近くあるスピーチとして披露してくれました。

K田さんのスピーチへの論評は、先程英語でスピーチしたばかりのH田さん。
H田さんは、標準よりも長いK田さんのスピーチを鋭く分析し、K田さんの持ち味、強みを上手く取り上げて紹介していました。

ベストテーブルトピック賞 Nさん
ベスト論評賞        H田さん
ベストスピーカー賞     K田さん
皆さん、おめでとうございます!

最後に、今回の例会をもって産休に入られる、当クラブファウンダーのN秋さんに、メンバーからプレゼントを贈りました♪N秋さん、ありがとうございました♪また元気にクラブに戻ってきてください♪

(日本語の部 N瀬)

広告