第47回例会レポート(2013/03/30)

3月30日に行われた第47回例会のレポートが
日英総合論評のY浅さん&T部さんより届きました♪
Y浅さん、T部さん、ありがとうございます♪

Southen Beach Toastmasters Club 第47回例会
青き会長の開会挨拶に続き、ビジネスセッション。
今回はチャーターセレモニーの会計について動議が挙げられました。
会費差額分、プロジェクターの利用代金、経費を、クラブの会計から支払うという議案。
とても活発な議論が交わされ、この動議は可決されました。

今日のトーストマスターは会長Aさん
活発な話し合いで、時間が大幅にオーバーして始まりました。

今日の言葉『溌剌』ハツラツ S村さん 春スタートにふさわしい言葉でした。
役割は、一人二役以上の方も居て出席者にお願いした方も居ました。
計時 A立さんからK田さんへ変更
集計 U澤さん
文法 え~とカウンター N秋さんからU田さんへ変更
日本語綜合論評 T部さんから Y浅へ変更
変更もスムーズにでき役割説明も的確でした。

スピーチの部
CC#2 F村さん
タイトル「ありがとうと思う事」
お友達に借りた本の話 「ありがとう」と言いたくない
言えないときの「ありがとう」が何をもたらすか?
とても、静かな語り口で素敵な提案のスピーチ
ヒステリックな上司にも、「ありがとう」仕事で、振り向いてくれないご主人に「ありがとう」
とても興味深い「ありがとう」の効果の話でした。
CC#8 U澤さん
タイトル「物の本質を“見る”」
ビジュアルエイドがスピーチの目的
まさに、ビジュアルエイド だまし絵がいっぱい!
目で、そしてそこに引き込むスピーチで2度楽しませてもらえるスピーチでした。
言葉で説明するのは、難しいですが
まさに「だまし絵」でした!
日本語、最後のスピーチは
ベテランS野さん
上級スピーチ 情報を伝えるスピーチ
「貧困について」
理論的に、そのメカニズム
近年では、貧困改善に企業が大きな働きをしていること
今まで知らなかった情報を伝えてもらいました。

続いて
論評の部
F村さんのスピーチには横浜フロンティアからゲストのO倉さん
とても、やわらかい話し方でF村さんのスピーチを
1つ1つ具体的に、よい点これからも伸ばしていかれるところ
そして、分かりやすく改善点を指摘しスピーカーが
これからのスピーチに、活かしやすい提案の仕方をなさっていました。
U澤さんのスピーチの論評はM田さん
一つ一つの動き、U澤さんの仕事を的確に観察
しっかりと見て聞いている・・論評の原点基本を踏まえての
誠実な論評でした。
S野さんの論評をN瀬さん
マニュアルにしっかり目を通していて
それに沿った論評
「聞き手を巻き込む」ところがもう少しあったほうがよかったと
はっきりとした改善点を指摘
上級スピーカーにとって、「改善点指摘」は、ありがたいことでもありあます。
日本語の部 今日のトーストマスターのコントロールで
遅れていた時間だいぶ調整され
英語の部につなぎました。

(前半日本語の部、レポート作成 Y浅さん)

英語の部も、引き続き会長のA木さんがTMOMを務めました。
Word of the dayは’Simple’
湘南クラブのK林さんが選んで下さいました。
急遽、参加できなくなったと伺いましたが、またぜひ!お待ちしております。
準備スピーチは、A立さんのIcebreaker、タイトルは”Visiting my relatives”
スピーチ冒頭から、演台の前に出て、これまでのご自身のrelativesについて
スピーチされました。
初回とは思えない、とても堂々としたスピーチでした。
次回以降も楽しみです!
本日のTTマスターはS村さんが務めました。
お花見シーズンであることに触れ、季節の話題で始めていたのが印象的でした。
1) お花見のおすすめスポット
2) 人生の中で印象的な時
3) 好きなスポーツ
いずれも、’Simple’で答えやすい質問だったと思います。
S村さん、ありがとうございました!
論評のセッションでは、N秋さんがA立さんのスピーチを論評されました。
今後のCCmanualを踏まえながら、具体的な改善点を示されていました。
総合論評はT部が担当致しました。
最後、表彰のセッションです。
ベストTTスピーカーはDさん、ベストEvaluatorはN秋さん、ベストSpeakerはU澤さんとF村さんのダブル受賞です。
おめでとうございます!
本日のTMOMのA木さん、冒頭の動議のセッションで時間が押していた中、
上手く進行をハンドリングしてくださり、ありがとうございました。
この後、次の日のエリアコンテストの壮行会が行われました。
日英のコンテスタント4人が、練習スピーチをして、メンバーからフィードバックを受けていました。
本日は2時間半の長丁場、皆様お疲れさまでした!
 (後半英語の部、レポート作成 T部さん)
広告