第44回例会レポート (2013/02/16)

2月16日に行われた第44回例会のレポートが
総合論評のN井さんより届いています!
N井さん、ありがとうございます♪

入会式の様子

今日は英語セッションからスタートです。まずA木会長の挨拶からです。
その後、今日はA立さんの入会式が開催されました。

入会者が増えてきたので、たいへん嬉しく思います。

TMOM(今朝のトーストマスター)はN瀬さんが担当です。

本日の司会(TMOM)

Word of the Day(今日の言葉)の担当はO江さん。
勤勉なとか根気強いと言いう意味の言葉「assiduous」を選んでくれました。
次に各サポーターの役割説明がありました。
Grammarian(文法係)はF村さん、Timer(計時係)はK池さん、
Vote counter(集計係)はF田さん、Ah 
counter(えーとカウンタ)はDさんで、
皆さん、とてもわかりやすい役割説明でした。

いよいよPrepared Speech(準備スピーチ)の時間です。
1番目はM田さん。スピーチプロジェクトはCC#6 ”Vocal variety”、タイトルは「Carry Your Toastmasters in Your Back Pocket」というスピーチでした。
2番目はS藤さん。S藤さんは現在立ち上げ中のビッグツリークラブからの参加。いろいろなクラブでスピーチの武者修行中だそうです。
スピーチプロジェクトはCC#9 ”Persuade with power”、タイトルは「One 
suggestion of effective way」というスピーチでした。

次にTable Topics(TT)の時間です。TTマスターはK田さんが担当しました。
質問1「仕事(雇用)をどうやって生み出すか?」に対しS摩さんが回答しました。
昔のように山に薪を取りに行き川に洗濯に行くような、原点回帰で雇用を生み出すというスピーチでした。
質問2「若者の雇用対策について何か意見があるか?」に対しT口さんが回答しました。
経済を活性化させないとなかなか雇用は生み出せないというスピーチでした。
質問3「どうやって日本の金融危機に対処するか?」に対し入会したばかりのA立さんが回答。

次にEaluation(論評)セッションです。General Evaluator(論評司会)はN井です
1番目M田さんに対する論評はN秋さん。
演台の前に立って自信を持ったスピーチが良かった、素晴らしいフレーズがたくさん使用されていて素晴らしいスピーチでしたという論評でした。
2番目S藤さんに対する論評はA木さん。英語表現がわかりやすく、そのためメッセージが伝わりやすく、また、説明もとても効果的で良かったという論評でした。

総合論評セッション

次は総合論評です
初めに今日の言葉、文法、えーとカウンターのレポートが行われました。assiduousという今日の言葉、もう少し、使ってほしかったですね。

続いて、本日の英語セッションについてN井よりGeneral Evaluation(総合論評)がありました。各役割担当の方がきちんと役割を果たされていました。TTセッションも、経済等の時事問題に詳しいK田さんですから、日本の経済の回復に関するものでした。難しいトピックスでしたが,スピーカーは一所懸命に答えていたのが素晴らしかったです。論評の部では、N秋さん、A木さんともに3つの良かった点を指摘して、1点だけ改善点を指摘されていて、お手本となる論評だったと思います。

前半の英語セッションは11時5分に終了しました。
休憩をはさんで、後半は日本語セションです。

引き続きTMOM(今朝のトーストマスター)はN瀬さんが担当しました。
今日の言葉の担当はO江さん。
こつこつ頑張りましょうということで「コツコツ – 兀兀(矻矻)」を選んでくれました。
次に各サポーターの紹介がありました。
文法係はF村さん、計時係はM田さん、集計係はF田さん、えーとカウンタはK田さん。

続いて準備スピーチのです。
1番目は S摩さん。スピーチプロジェクトはCC#2 ”スピーチの構成”、タイトルは「カリスマドッグトレーナー ~シーザーミラン~」というスピーチでした。
2番目は T田さん。スピーチプロジェクトはCC#7 ”トピックのリサーチ”、タイトルは「クラウドで変わる? これからの生き方」というスピーチでした。

次にTable Topics(TT)の時間です。TTマスターはDさんが担当しました。
質問1「バレンタインデーにどんなことをするのか?」に対しゲストのS藤さんが回答しました。
日ごろの感謝を伝えるイベントとして活用されているというスピーチでした。
質問2「花粉症対策としてあなたのしてることは何ですか?」に対しK池さんが回答しました。
小さい頃から花粉症だったこともあり、家に入る前にほこりなどを払うなど、生活習慣の 一部に花粉症対策がすでに組み込まれているとのというスピーチでした。
質問3「サザンのチャーターにあたり、次なる目標は?」に対しA木さんが回答しました。
1.会員を増やす、2.暖かく、優しい雰囲気を続ける、3.コンテスト優勝者を 輩出するというスピーチでした。

次に論評のセッションです。論評司会はN井が担当です
1番目S摩さんのスピーチに対する論評はF田さん。犬バカのコミカルな話からドックトレーナーから人として学ぶことが多いという、話の展開がおもしろく、また、素敵な表現がたくさんあったという論評でした。
2番目T田さんのスピーチに対する論評はM川さん。わかりやすい説明とメッセージが明確で、言いたいことがよく伝わるスピーチであるいう論評でした。

次は総合論評です。
初めに今日の言葉、文法、えーとカウンターのレポートが行われました。
続いて、本日の日本語セッションについてN井より総合論評がありました。論評者2人の論評は的を得ていて素晴らしいものでした。また、自分自身の反省として前半英語セッションの総合論評で、準備スピーチの論評までしてしまい時間を取りすぎたこと、シャープペンを忘れて、普段書きなれていないボールペンで下書きをしたので、字が見えずに上手く総合論評ができなかったこと、こういう体験をコツコツと積み上げて次回につなげていきたいと思いました

最後にいよいよ表彰セッションです。司会はTMOM N瀬さんに戻りました。

ベストTTスピーカーには英語ではT口さん、日本語ではA木さんが選ばれました。
ベスト論評賞にはN秋さんが選ばれました。
ベストスピーカーにはM田さんが選ばれました。


ベスト賞の皆さん、おめでとうございました♪

 

 

 

広告