第33回例会(テーブルトピックスピーチ クラブ内コンテスト)レポート 前半 日本語の部(2012/09/15)

今日は、いつもと違う会場ですがいつもと変わらずの爽やかな笑顔のA木会長の一言
からサザンビーチTMC33回例会が始まりました。
ゲストも、他のトーストマスターズクラブから4名。ノントーストマスターズゲスト
が2名と会場に人が溢れています☆

サザンビーチTMC、始めてのコンテストの始まりです!テーブルトピックコンテスト
(即興スピーチのコンテスト)です。なんと、日本語英語ともに7名も参加者がいる
ということで、チャーター前のクラブとしては最大規模のクラブコンテストとなりそう
です!! 楽しみ〜。

今回は、例会前にコンテストブリーフィングということでルールの説明や
各役割の説明がありました。 皆、いつもより少し緊張の様子が伺えましたが
一度コンテストスピーチが始まると、和んだ雰囲気に変わりました。

お題は、『あなたが本を出版するとしたら、どのような本にしますか?タイトルは?」
です。

始めのコンテスタントは、M川さん。「夢を持とう!」というタイトルで子供に夢を
託すようなメッセージがある本。彼のスピーチから日本の未来は明るいと確信しました。

2番目のコンテスタントは、S野さん「剣道と社会人の二つからの学び」を本にするとのこと。
1,500円という値段まで決めていて、ホントに近い将来実現するのでは!と思わせるスピーチ
でした。

3番目のコンテスタントは、Y崎さん。「あがり賞克服への道」の本。トーストでの自らの
体験も踏まえて人前であがらずに話すことのヒントが沢山詰まった本になりそうです。
お値段も良心的とのことで、今後ますますトーストマスターズの認知度も広がりそうですね!

4番目のコンテスタントは近江さん。「親父の復権」ということで、日本の原発問題の解決を
目指して、自分が親父としてまずは出来ることからとのこと。
家で娘に牛耳られているチャンネル権争いでの勝算を目指す為には、親父として給料を銀行
振込ではなく、現金で貰うことで存在感を出していきたいとのこと。トーストマスターズで
存在感大の鉄人ですから、家でも親父の復権!期待しています。

5番目のコンテスタントは、N瀬さん。「人はどこでも寝れる」という本。自らの色々な形で
寝た経験を活かして、本にするとのこと。イスが1つあれば寝れる!とのこと。思わず、
N瀬さんが、疲れてイスで寝てるシーンを想像してしまいました(笑)

6番目のコンテスタントは、K口さん。「私の失敗」というタイトルで、ご自身の今までの
数々の失敗を本にするとのこと。モンゴルに旅行にいった際に、ソーセージと思って食べた
食事が、変な味がすると思ったらソーセージの皮の固まりだった。。。その後はご想像にお任せ
します。という自らの失敗談を面白可笑しくスピーチしてくれました。K口さんの、大胆な
一面が見れたスピーチでした。

7番目のコンテスタントは、T部さん。「色の効果」ご自身が興味がある色について、本にする
とのこと。色が、どのように皆さんの心に繋がっていくかということを、会場にいたF田さんの
スカートのオレンジ色などを用いて紹介してくれました。会場の色が明るくなるスピーチ
でした。

コンテストスピーチの後は、インタビューセッションです。H田さんが、コンテストが終わって
少し安心したコンテスタントに、「するどい視点、且つなごやかなムード」でインタビューを
実施して下さいました。
皆、緊張もほぐれて楽しいセッションとなりました。
最後は、T部さんに「サザンビーチTMC」のカラーは?というインタビューがあり、きれいな
「ブルー」の紹介で締めくくりとなりました!

最後に、栄えある表彰結果は!!!
1位 近江さん
2位 K口さん(コンテスト初挑戦!!)
3位 M川さん

!!受賞者の皆さん、出場者の皆さん、おめでとうございます!!

仲秋

広告