第16回例会レポート(2012/02/04)

本日の例会はサザンビーチ発足以来、史上最多のゲスト14名を迎えての豪華な例会でした。

例会は定刻通り、近江会長の挨拶から始まりました。

TMOEは、かつてない数のゲストの多さにドキドキを隠せないY崎が担当しました。

 
 
 

“Word of the Day “はS野さん。”Honor”という言葉を選んで下さいました。

大勢の方が使っていて、とても良いチョイスでした。

 

“Quote of the Morning”はI田さん。”Brevity is the soul of wit(下手の長談義)”という言葉を選らばれました。
ユニークな視点が光ります。
 
 

 

ヘルパーの皆さまは、各人が自分独自の表現でロールを説明していて、
このような良い姿勢は今後も続いてほしいなと感じました!
 
 
 
 
 

続いては準備スピーチの部

 

一人目のスピーカーはA木さん。CC#5 Your body speaks

タイトルは “A few contribution for someone who is in trouble”

昨年の震災・津波を機に、被災地の方の為になにかしてあげたい。

けれども、仕事が忙しくなりなかなかチャンスをつかめずにいた時に注目したのが「寄付金」であった。

寄付金を集める団体は数多くあるが、その中でどの組織いいかの選び方のポイントや、
日本の寄付金の習慣、組織や制度について色々知る事が出来ました。

日本のそうした部分の良さが今後も継続する事を願っているとのメッセージで締めました。

 
二人目のスピーカーはH田さん。
昔嫌いだった人の思い出がテーマ。
体を大きく使い、舞台を縦横無尽に歩き回ってのスピーチは
まるで演劇を見ているかのようで、
「次は次は?」と、まるで子供のようにわくわくしてしまいました。
特に表情の使い方がすばらしく、目を見開いたり思いっきり笑ったりと、
見ているだけで心動かされるスピーチでした。
 
三人目のスピーカーはゲストのDistrict76 ガバナーS木さん

上級スピーチ 情報を伝えるスピーチ #1

タイトルは “The man who sought order from chaos”

プロジェクターで写真を見せ、「この写真に何が欠けているか?」と聴衆に問う。

足りないもの、それは「規則(order)」

その中でも”Robert’s rules of order(ロバート議事法)”に焦点を絞り、

Robertとはいかなる人物か?また、”rules of order”の重要性について、ロジカルに説いた

これは、トーストマスターズの例会でも正に実践されるべき規則!!

まさにトーストマスターズの会員必見のスピーチでした。

 
 
 

テーブルトピックマスターはN秋さんです。

本日は創造力(Creativity)との想像力(Imagination)を駆使して回答する、というユニークなコンセプトで行われました。

質問① もし沢山の雪が降ったら、あなたはどんな事をして子供を喜ばせますか?

質問② 雲(クラウド)について

質問③ もしあなたがスティーブジョブズなら、市場にどんな商品を送り出すか?

質問④ 黒板に書かれた点について、想像力を働かせて回答する

回答者のスピーチはどれもハイレベルで、どの人がベストをとってもおかしくないくらい白熱しました~!
 

 

続いては、論評の部です。

A木さんのスピーチの論評は湘南クラブよりお越しのゲストのI井さんです。

スピーチのプロジェクト目標に沿った、基本に忠実な論評でした。
改善点ももっと聞きたい部分にフォーカスした的確なものでした。

H田さんのスピーチの論評は鎌倉クラブよりお越しのゲストのH谷さんです。

H田さんのボーカル、動き多彩な表現方法に関して言及があり、
話の流れをイメージ出来る、気づきのある論評でした。
S木さんのスピーチの論評は近江会長です。
DGの論評に緊張といいつつ本日は辛口??論評の王道、サンドウィッチ法を使用した、
お手本のような論評でした。
 

総合論評はゲストのDistrict76 LGETK内さんです。

会場の雰囲気から各種役割まで、例会を隅々まで丁寧に振り返っていた、まさにお手本のような総合論評でした。

また、自身の総合論評者としての役割(Task)を聴衆に明確に伝えていた点も素晴らしかったです。

 
  
 

そして、続いては本日の特別スピーチ、

Reigion13アドバイザーDeepak Menonさんによるスピーチです。

タイトルは”Paint Box”

皆がドキドキしながら見守る中、Reigion13アドバイザーDeepack Menonさんの発した第一声は「オハヨウ」(^-^)。

朝の会場は笑いに包まれ、一瞬でアイスブレイクした、とてもユニークな始まりでした。

今回のスピーチは、インドのとある高速道路建設現場での物語を軸にスピーチを展開されました。

物語は、高速道路の建設において、道路の中心の白線を塗る人ために雇われ人と、
その上司とのやりとりを描いたものです。
雇われ人には毎日の塗る線の距離の達成目標が設けられていました。
それは、一日に線を3キロ塗る事でした。

一日目はなんと4キロ塗り、目標以上の仕事を達成して上司も大喜び!

二日目は3キロ塗った。それでもまだ目標は達成しているので上司は嬉しい。

しかし、三日目は・・・たったの1キロ!すると上司は怖くなった・・・。一体彼はどうしたのか?と。

問い詰めてみると、雇われ人はこう答えた。「だって、PaintBoxが日々どんどん遠くなっているからだよ!」と。

ここでの”PaintBox”は、私たちの日々の生活の中で身に付けたスキル、人生の経験から得た物を指す比喩である。
PaintBoxを常に肌身離さず持ち歩く事はゴールを目指すために非常に大切な事である、
というメッセージをユニークな物語を例に明快かつ力強く伝えた、心に残るスピーチでした。
 
 
 

最後にウキウキわくわくの受賞者発表です!

ベストテーブルトピックス賞           H口さん!

ベスト論評賞                            近江会長!

ベストスピーカー賞                    H田さん! 

 

でした~。受賞おめでとうございます!!

 

本日は、サザンビーチTMCにいらっしゃった全てのゲストの方に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

この調子でこれからもサザンビーチTMCを盛り上げていけたら幸いです。

 
 
 
文責 Y崎
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中