第4回例会記録(2011/08/20)

甲子園も決勝真っ盛りの本日も、曇天に負けない暑い

サザンビーチトーストマスターズ例会が開催されました。
 

 
本日は近江会長が世界大会でアメリカに行っているということで、

副会長のN秋さんがオープニングを飾ってくれました。

「夏休みは楽しみましたか?」という質問に、メンバーみんなうんうんと笑顔、

みなさんが楽しい夏を過ごしているのが想像できました。

 

そして、今日のTMOMは川崎から駆けつけてくれたH田さん。

今日もスタートから笑顔と体全体を使った情熱的な司会で、

なんだか見ているこちらもウキウキしてきてしまいます。

 

Quote of the dayはH田さんが引き続き務めてくださり、

“All’s well that ends well” この言葉でメンバーに会の全体像を意識させた、

とてもいい言葉だと思いました。

またword of the day はK藤さんの”obviously”

響きがとてもいい言葉ですね。

 
 

 さて、今日一人目のスピーチはA木で”Power of color ”です。

色の心理的効果とその使い方を説明しました。

 
 

 お次のパートはドキドキの英語テーブルトピックです。

このパートはK藤さんが司会を務めてくれました。

節電、夏休み、円高についてのお題で、特に「円高」について、

英語で即興スピーチをしていただいたゲストのT村さん、お見事でした。

 

 英語の論評はH川さん、たくさんのおほめの言葉をいただき

とっても勇気づけられました。Sophisticated ということば、

いつか私も使わせていただきます。

 

 総合論評は急きょ担当していたT山さん。

急きょということでしたが、全体をしっかり見通し、

一つ一つ感情のしっかりこもったコメントで前半を締めくくってくれました。

 
 

 後半の準備スピーチは日本語スピーチ3名、

そのトップバッターは川崎TMCから遊びにきてくれた、S田さん。

「ビブリオバトル」という不思議なタイトルで、

聞く前から引き込まれてしまいます。

内容も白熱した物語の説明がとても臨場感があり、

とても魅力的なスピーチでした。

二人目はOさんで「なぜそんなに魅了されるのか」

高校野球について熱く熱~く語ってくれました。

一生懸命になっている高校球児を一生懸命語っている姿が

とても印象的でした。

三人目はH川さん「丁度良い」

スピーチの目標はユーモラスなスピーチということで、

非常に面白く、まさに期待を裏切らないスピーチでした。

初詣を題材に、ご主人や列に並ぶ婦人とのかけあいがもう絶妙。

何度も笑ってしまいました。
 
 

 

 日本語論評パートでは、それぞれT中さん、K藤さん、S野さんが

温か~い論評をしてくれました。

A木が日本語総合論評で例会をまとめ、

いよいよ受賞者の発表です!

 

 本日の受賞者は、

ベストテーブルトピック賞がT村さん!

ベスト論評賞がT中さん!

ベストスピーカーがH川さんでした!

おめでとうございます!
 
広告